本文へスキップ

食を楽しむ

減反から生まれたアイディア「おから入り干し餅」

画像:減反から生まれたアイディア「おから入り干し餅」

  

 寒さが肌に刺さるような冬になると、雪国の家々の軒下には色鮮やかな干し餅が吊され、真っ白な雪景色を彩ります。干し餅は寒風に晒して乾燥させた保存食として知られています。
北秋田市・前山地域には平成22年(2010年)、「おから入り干し餅」という一風変わった干し餅が誕生しました。干し餅におからを入れようと考えたのは前山地域に住む、戸沢イサさんです。イサさんは、平成22年にJA鷹巣町が主催する「生活工夫展」におから入りの干し餅を出展し、最優秀賞を受賞しました。
当時は減反政策により、農業協同組合では減反した畑に大豆を植えることを奨励していました。そこで、イサさんは大豆を使って何か出来ないかを考えました。寒天に大豆を入れてみるなど試行錯誤しながら、おからを干し餅に入れたらどうだろうか、という考えに辿り着きました。おからを入れることにより、普通の干し餅よりも作り方が難しくなりますが、身が締まってサクサクの食感を楽しむことが出来ます。
前山婦人会では、イサさんからおから入り干し餅の秘伝レシピを教えてもらい、平成24年(2012年)から毎年干し餅づくりを楽しんでいます。「農繁期が終わり、仕事がない時期なので、みんなで干し餅を作っておしゃべりをするのが楽しい」と婦人会のお母さんは笑顔を見せます。
イサさんが作った干し餅は、天候にも左右されますが、2月頃からJR鷹巣駅から徒歩数分の場所にある鷹巣産直センター「のーそん」で販売されるほか、「道の駅たかのす」で2月に行われる「もちっこ市」でも購入することが出来ます。
 
2015年3月31日掲載
 

ページ上部へ戻る