本文へスキップ

地域について

横手市新町  人口:235 人 世帯数:83 世帯

  • 平成29年(2017年)、新たに開催した「三世代交流会」
  • 浅舞地区の浅舞八幡神社祭典の宵宮では豪華絢爛な山車が地域内を巡行します
  • 住民たちの生きがいとなっている「新町いきいきサロン」
  • 年に一回行われる「グラウンドゴルフ大会」を楽しみにしている住民は多い
  • 夏祭りでは「あやめ座」の劇や、タオル体操など数々の催しが披露される

北秋田市根子地域の記事

名物に触れる

歴史を知る

食を楽しむ

名産を買う

語りを聞く

地域のあらましと歴史

 横手市・新町地域は横手市の浅舞地区に位置しており、新町地域を含む11地域が「浅舞八幡神社」の祭典を継承しています。祭典当日には華やかな「飾り山車」が地域内を練り歩きます。新町地域では、一度、囃子方が途絶えたことがありましたが、昭和50年代に鍋倉囃子保存会から囃子を習い、現在は「新町創友会」によって継承されています。
 新町創友会は、60歳までの有志がつくる会で、子供たちに囃子を継承する「おはやし教室」や、夏まつりの運営を行っています。
 夏まつりでは、新町町内会でつくる劇団「あやめ座」の劇や、「新町いきいきサロン」によるコーラスやタオル体操などが披露され、とても賑やかです。
 新町いきいきサロンは、年に10回、会館で開催しており、講話を聴いたり、レクリエーションを楽しんだりと、高齢者の楽しみや生きがい作りの機会となっています。
 秋にはグラウンドゴルフ大会が行われており、地域住民が集まる機会が多く作られている地域です。
 平成29年12月には、新町町内会、いきいきサロン、PTAが合同で「三世代交流会」を新たに開催しました。

※人口・世帯数は12月31日現在のものです。

お知らせ