本文へスキップ

食を楽しむ

チョロギのお漬物

画像:チョロギのお漬物

 若畑の漬物は上品な味付けが特徴です。正月料理によく使われるシソ科の多年草の植物・小さな巻き貝のような型をした「チョロギ」や、横手市・山内地域のようにいぶり大根の漬物を作っている家庭も見られます。

 出荷するほどの量は作れないそうですが、各家庭で作られる漬物のバリエーションは豊富で、10月の第二日曜日に行われる紅葉まつりで振る舞われる漬物は参加者の楽しみの一つです。中でも刻んだ昆布の粘りが特徴のと「いぶり大根の松前漬」などは隠れた若畑の逸品。上品な口当たりとパリパリした歯ごたえのいぶり大根の漬物は、お酒のつまみにぴったりです。
 
 来客があればさりげなく漬物が出てくる、これは若畑のおもてなしの基本のようです。
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る