本文へスキップ

歴史を知る

産婆「武田ナカ」

画像:産婆「武田ナカ」

  仙道地域を支えた産婆「武田ナカ」

  明治生まれの武田ナカは、仙道地域で数百人の赤ちゃんを取りあげた腕利きの「産婆」でした。「バッパ」と呼ばれて親しまれ、親子3代にわたって取り上げてもらった家もあったと言います。
 

 ナカが15歳の時に、実母から弟を取り上げたのが産婆人生のはじまりです。その産婆術は小安観音への強い信仰心に基づいて、「藁を2束分産床に敷き、産婦を座らせ、後ろから腰抱きにして、赤ちゃんを下げていく。」といった方法が伝えられています。

 普段は髪結いなどの仕事をしながら、弱い立場に置かれたお嫁さんたちの話を聞き、助言して励ましていたと言います。1月15日の小正月にはナカにお世話になった母子が、のし餅を3枚持ってお礼参りに行く習慣がありました。多い時は何十人と集まり、家中、餅だらけになったと言います。ナカは母子を歓待し、ご祝儀をあげていたそうです。

 昭和32(1957)年で産婆をやめた後も、地域の子どもたちを集めて民話や歌を聞かせて楽しませたと言います。ナカは87歳の天寿を全うしましたが、仙道地域の新処集落の児童公園には今も頌徳碑(しょうとくひ)が残り、静かに仙道地域の母子を見守っています。

 
平成28(2016)年3月掲載
令和3(2021)年3月更新
 
 
■参考文献
武田憲一『仙道番楽一代記』
武田保夫『祖母の産婆術』

ページ上部へ戻る