本文へスキップ

名産を買う

まほろば菜油(さいゆ)

画像:まほろば菜油(さいゆ)

 小種産の無農薬で育てた菜種(なたね)を100%使用した菜種油です。平成21年(2009)年9月に農事組合法人エコファームが旧小種小学校の給食室に搾油設備を導入して、2ヶ月後の11月から本格的に製造を開始しました。

 「まほろば菜油」は通常の食用油と異なり、とても丁寧に時間をかけて製造されています。

 まず小種産の菜種を大きな窯で焙煎し、地元の鉄工所が開発したオリジナルの搾油機で搾油します。油の上澄みをとり、それをさらにろ過して加熱処理を施した後、貯蔵タンクに保存して、瓶に詰めます。蓋をしてラベルを貼ったら完成です。

 瓶詰めされる油の色は、普通の菜種油よりもずっと濃い“黄金色”。この美しい色を出すためのポイントは企業秘密だそうです。気になりますね。

 エコファームでは、まほろば菜油の普及・推進をはかるため、まほろば菜油を使用した料理講習会を開催しました。
まほろば菜油は、天然ビタミンBが豊富で、オレイン酸も60~70%含まれており体にやさしい油。揚げ物や炒め物に使うと、熱が加わることによって風味が増して美味しいのですが、そのままの風味を味わうことのできるサラダドレッシングやマリネが特にお奨めです。

 「道の駅 協和」「道の駅 神岡」をはじめ県内数店舗で取り扱っています。贈り物に最適な贈答用セットもあります。大切な方への贈り物にどうぞ。

【お問い合わせ】農事組合法人エコファーム

  • 住所 秋田県大仙市協和小種字鏡台2-1
  • TEL 018-896-2670

 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る