本文へスキップ

歴史を知る

百万遍念仏講

画像:百万遍念仏講

   琴浦地域で、毎年春と秋の中彼岸に行われている「百万遍念仏講」は、琴浦自治会が支援する琴浦自治会指定団体の一つ「琴浦集落百万遍講中」によって継承されている行事です。

 口伝では、百万遍念仏講は300年以上前から行われていると伝わっていますが、「講中」によって継承されるようになったのは160年以上前とされています。
 百万遍念仏講で使用されている伏鐘(ふせがね)には「奉納 熊野山大権現 嘉永2年(1849年)」と記されており、おそらくその頃から継承が行われているのではないか、と推測されます。
 
 琴浦地域には六地蔵・弥勒菩薩・牛頭天王・辻地蔵尊などが鎮座しており、いずれもかつての「琴浦村」の入り口にあったものと伝えられています。また、琴浦地域で起こった昭和34年(1959年)の大火により焼失した地蔵様も、その中の一つと言われています。
 
 百万遍念仏講では、地蔵様5ヶ所や、舟が転覆して亡くなった方のお墓などの計6ヶ所を巡り、祈りを捧げます。
 小さな数珠の球を100個数える間に7メートルほどもある大きな数珠を「なんまいだ なんまいだんぶつ なんまいだ」と唱えながら回し続けます。
 数珠回しの後、地蔵様に向かって「彼岸御詠歌(ひがんごえいか)」という唄を唄います。
唄は3番まであり、それぞれ3回ずつ繰り返して唄われます。その歌詞からは、「悪病が村に入ってこないように」という願いが伝わってきます。
 この唄の旋律が特徴的で「先になって継承を行ってきた方々がいないと唄うのが難しい」と地域の方が話していました。
 
 今年、御年93歳になられた方が、母の代から受け継がれてきた百万遍念仏講を伝えてきました。「絶対になくしてはいけない」と、10年前から継承の世代交代が行われています。
 
2016年3月31日掲載


【産地直送ブログ】
その歴史は300年以上! にかほ市・琴浦地域の「百万遍念仏講」(2016年4月掲載)

ページ上部へ戻る

由利の関連情報