本文へスキップ

語りを聞く

本館地域の活動

画像:本館地域の活動

 「本館(もとだて)で出来るもの、他の場所では出来ないものを提供してここに来てもらおう」。21世帯で構成する八峰町の本館自治会のグリーンツーリズムの活動テーマです。 

 平成13(2001)年、秋田県で初めて作られたグリーンツーリズム宿泊施設「夕映の館」や、平成16(2004)年に作られた「そば打ち体験館」の運営など、様々な活動が評価され、本館自治会は、2004年農林水産省主催の「豊かなむらづくり」事業で、農林水産大臣賞を受賞しています。両施設は現在、住民有志による「本館グリーンコミュニティ協議会」や「本館そばの会」によって管理されています。
 
 この他にも本館自治会は、戦国時代に本館を統治した武田氏のルーツを求め青森を訪れ、史跡「本館城址」のウォーキングを企画するなど、地域の歴史を掘り下げる取り組みも行いました。平成16(2004)年には、本館城落城400年の記念誌も発行し、毎年9月に「たいまつ祭り」を自治会で開催しています。
 
平成22(2010)年4月掲載
令和2(2020)年12月更新

ページ上部へ戻る