本文へスキップ

風土を楽しむ

曽布沢(そふさわ)神社祭典

画像:曽布沢(そふさわ)神社祭典

 八峰町の石川地域では、5月5日、曽布沢(そふさわ)神社の祭典が行われます。

 石川郷中をはじめ、石川生産森林組合、石川上下水道維持管理組合などの集落関係者が会して、家内安全、五穀豊穣、商売繁盛を祈願します。神社で神事がとり行われた後は、天狗の面をかぶった猿田彦に先導され、子供たちが「ワッショイ」と叫びながらお神輿をひっぱり、地域内を練り歩きます。

 子供たちの声が聞こえると、家々から人々が顔をだしてお初穂を渡します。お神輿は、曽布沢神社の神様そのもの。お神輿の運行は、神様が地域を練り歩き、集落の人々にご利益を与える行事でもあります。1年間の地域の繁栄を祈願する祭典は、のどかな春の陽気の中で、集落に賑わいと笑顔を与えています。

平成23(2011)年4月掲載

ページ上部へ戻る