本文へスキップ

歴史を知る

房住山物語(ぼうじゅうさんものがたり)

画像:房住山物語(ぼうじゅうさんものがたり)

 

 1000年以上前の上岩川地域を舞台にした伝説…それが「房住山物語」です。昔、山の麓に暮らす翁が標高400mの房住山山頂で、人々に伝え聴かせたのが原型と言われています。
 
 房住山の名の由来から始まる「房住山物語」。天台の沙門・円静の開基、高倉の長者の寄進で賑わう僧坊…そして坂上田村麻呂の蝦夷征伐のくだりでは、物語は最高潮をむかえます。11人の屈強な蝦夷が男鹿から上岩川に逃れ、その中でも「長面(ながつら)3兄弟」の攻防は見どころのひとつです。翁の口伝により地域に伝えられた物語は、江戸時代には紀行家・菅江真澄により記録され、明治時代には石川理紀ノ助翁がその著作で紹介しています。
 
 物語の他に房住山の地名の由来が記述されているのも特徴のひとつ。観光名所「扇の滝」の景観の形の記述や、陣幕についた血を洗い流した場所「幕洗い沢」のようにミステリアスないわれまで、地名のひとつひとつにこれだけのエピソードが残る地域も珍しいといえます。
 
 上岩川では房住山伝説の他にも、男たちが力自慢につかった「あねこ岩」の民話や藤原の流れをくむ公家が移り住んだなど、いにしえの文化とエピソードが色濃く残る里です。2009年には三種町民の手作りミュージカル「房住山物語」も上演されました。
 
 スケールの大きな伝説、悲劇、ユーモアに人情…感受性豊かな人々だからこそ受け継いできた物語を残す上岩川は「みやびな里」といえるでしょう。
2010年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報