本文へスキップ

産地直送ブログ

イチジクの里・にかほ市金浦地域の大竹集落。

2015年11月4日

DSC02682

10月15日(木)、にかほ市・金浦地域の大竹集落に行ってきました♪
大竹集落といえば、そう!「イチジク」です!!!

にかほ市は、平成17年に仁賀保町、金浦町、象潟町の3町が合併して誕生しました。
元気ムラサイトで活動をご紹介している金浦地域は「金浦町」のエリア♪
この日は、地域のことを教えてもらうため金浦地域の大竹集落へ!

00ふくじゅ館 

大竹集落の「ふくじゅ館」に到着しました。
名称の由来は「福寿草」。大竹集落の群生地は有名ですね♪
実は4年前、横岡地域に向かう途中、取材班は大竹に立ち寄り、
見頃を迎えていた福寿草を紹介していました! 下記のリンクご覧くださ~い。
にかほ市の福寿草が春を告げています!(2011年4月掲載)

DSC02658 02にかほ市の広報

ふくじゅ館で、大竹集落会長の今野鉱さんから、
大竹集落の行事や活動についてお話を聞かせていただきました。
右の写真は、にかほ市の観光パンフレットに掲載されている大竹集落のコーナー。
大竹は千年前の平安時代、加賀の国から来た三兄弟が祖と言われ、
「千年の村」と呼ばれているんです。

DSC02654

こちらは、ふくじゅ館に掲示されていた大竹集落の運動会の写真。

大竹001 大竹006

大竹010 大竹011

上の4枚は今年の8/23に開催した第33回運動会の様子です。
大竹集落から写真をお借りしました♪
賑やかで楽しそう様子が伝わってきます。
子供から年配者まで、世代ごとに競技を設けて盛りあがるそうです。

03神社祭典のカレンダー

上の写真は、なんと神社祭典の「カレンダー」!
大竹には「白山神社」「須賀神社」の二つの神社があり、
交代で毎年祭典を行っています。住民の方が個人で制作したそうなんですが、
集落行事のカレンダーを作ってしまうなんて凄い!郷土愛が伝わってきます♪

●イチジクの里
大竹のイチジク

そして大竹といえば「やっぱり“イチジク”だな!」と今野会長。
なんと秋田県産イチジクの9割は大竹産。
道の駅のイチジクソフトも大竹産を使用していて、
9月中旬から10月いっぱいにかけて大竹はイチジクの収穫期を迎えます。

DSC02706

イチジク栽培農家の今野賢一さんです。
大竹のイチジク栽培についてお話を聞かせていただきました。
突然訪問にもかかわらず、ありがとうございます!(^^)

●大竹集落の「イチジク団地」
DSC02705

県道289号の西側に位置する大竹集落の「イチジク団地」に
連れていってもらいました。全部イチジクの木です!

DSC02688 イチジク

大竹でイチジク栽培が始まったのは昭和10年頃と言われています。
現在、40戸の農家が栽培に取り組んでおり、
主に栽培している品種は加工用の「ホワイトゼノア」。
イチジクの木の高さが低いため、実を収穫しやすくなってました!
この高さならハシゴを使わないので取りやすいですね。

DSC02696 DSC02704

丁度、収穫作業をしていたお父さんもいらっしゃいました。いい笑顔(^^)
イチジクの枝を支えるために、車のタイヤを設置!
これも農家の知恵ですね♪

イチジク農家の今野さん DSCF1434

賢一さん曰く「イチジクを収穫した後、葉の裏に取り忘れた実が
隠れてたりするんだけど、完熟してて、その場で食べると旨いんだよ」とのこと。
右の写真は大竹産イチジクの甘露煮です♪
甘くて柔らかくて美味しい!頬がとろけるようでした~。

DSC02697

まだまだ語り尽くせないほどに、
大竹集落の魅力はたくさんありそうです!

秋田花まるグリーンツーリズムのウェブサイトでも
大竹集落の活動が紹介されているのでご覧ください♪
大竹千年の村 花紀行@ガーデンカフェタイム秋田花まるグリーンツーリズムウェブサイト

金浦地域から大竹集落のリポートをお届けしました!

Author: | Category:03地域からの情報提供, 08由利エリア, 金浦地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど