本文へスキップ

産地直送ブログ

鳥海山にそば打ち体験 ~由利本荘市・坂之下フットパス~

2015年5月29日

10_折り返し地点

5月4日(月)、由利本荘市・坂之下地域で行われた
「フットパス」に参加してきました!
鳥海山を見ながらのウォーキングに加え、手打ち蕎麦・山菜料理など、
坂之下地域のおもてなしを堪能した1日となりました♪
由利本荘市・地域おこし協力隊の北浦さんから提供してもらった写真と一緒に
当日の様子をリポートします♪

~フットパスとは~
日本フットパス協会のウェブサイト(外部リンク)によると
“その地域の「昔からあるありのままの風景」を楽しむ道”
なんだそうです。発祥はイギリスにおける私有地の通行権が元になっていますが、
日本では「歴史や文化を楽しんで歩くことができる道」という意味合いが強くなっています。

由利本荘市のフットパスは、地域によって様々なコースが企画されており、
今回の里山を体験できる「坂之下」は、距離にして往復約4.8km。
当日の参加者はなんと、50人近くになりました。
坂之下地域では、過去にもフットパスを行っていますが、
年々、参加人数も増え、認知度もあがってきているようです。

DSCF9118 GE DIGITAL CAMERA

坂之下会館で準備運動を行い、
集落から山の上にある「鳥海山国際禅堂」へGO~!

01_坂之下の馬道 01_坂之下の馬道その2

少し歩くと、山の中に入っていきました。
この細い道は、かつての「馬道(うまみち)」。
昔の人々は、この道を馬をひいて歩き、山に草刈りにいっていたと
教えてもらいました。冬場は子供たちの絶好の遊び場になっていて
自治会長さんたちもスキーで遊んでいたそうですよ。

02_坂之下のサエの神 GE DIGITAL CAMERA

禅堂へ向かう途中、子宝の神様を祀っている、小さなお堂も見かけました。
しばらく山道を歩くと、一気に視界が開けた場所に到着です。

●鳥海山のビューポイントスポット!
03_禅堂への途中から見える鳥海山

この日は、鮮やかな青空の元、
まだ雪化粧が残っている鳥海山がくっきり見えました♪

DSCF9142

禅堂へ向かう途中は、鳥海山を見渡せるスポットが何カ所もあります。
ここまで綺麗に見える絶景ポイントは、なかなかありませんよ♪

鳥海山国際禅堂がみえてきました 二手に分かれます

鳥海山国際禅堂(写真左)が見えてきたところで二手に分かれます。
禅堂に向かうAコースと、さらに山道を登り「荒倉館跡」に向かうBコース。
取材班はBコースに同行しました!

●荒倉館跡へ
04_急勾配を示すマーク 05_荒倉館への道

「荒倉館跡」は、戦国時代にこの地を治めたという「大井五郎満安」の城跡。
道路は塗装されていて歩きやすいんですが、
途中、左の写真のような交通標識がある急勾配の道も!
なかなか見ない標識ですよね~。

DSCF9164

荒倉館跡に到着しました。
ここも鳥海山を見られる絶景スポット!

GE DIGITAL CAMERA DSCF9186

荒倉館跡の解説をする自治会長の佐藤和男さん(写真右)。
昔は、この辺りに武将のお宝が埋まってる、なんて
言い伝えもあったそうですよ。

06_荒倉館の山桜

荒倉館跡にはヤマザクラでしょうか?
初夏を前にして、可憐な花を咲かせていました。

大井五郎満安については、下記のブログでも紹介しているのでご覧ください!
大井五郎満安という武将 ~4つの地域を訪ねて~(2013年4月掲載)
矢島の英雄、大井五郎満安を知ってますか?(2011年9月掲載)

●鳥海山国際禅堂で坐禅体験
07_禅堂に到着 GE DIGITAL CAMERA

荒倉館から禅堂に戻ってきました。
先に到着していたAコースの皆さんは坐禅体験が終了した様子。
Bコースのメンバーは、ここで休憩タイムです。
高健寺のお坊さんからお話を聞きながら……

08_禅堂での差し入れ 09_坐禅体験

坂之下で農家民宿「自然満喫家」を営む茂木さんの奥さまが作った
人気のアップルパイをいただきました。
汗をかいた後ということもあり、美味しさ倍増~♪
このあと、禅堂に移って坐禅体験です。
取材班は両足を正しく組むことができませんでした(涙)。

GE DIGITAL CAMERA

しかし、壁に向かって目をつむり集中していると、
周囲から風の音や鳥の声が聞こえてきて、とても心地良いものでした。
写真は禅堂から撮影した鳥海山です。
こんな風景が見られるのも、この場所ならではだと思います。

●坂之下会館に戻ってお昼ごはん
11_坂之下会館でお昼ごはん 11_坂之下のおもてなし 山菜の天麩羅

11坂之下のおもてなし 卵の巻寿司 11_坂之下のおもてなし 山菜のおひたし

9時30分にスタートし、13時に坂之下会館に戻ってきました!
会館では坂之下地域の皆さんが、お昼ご飯を用意してくれていました。
地元で採れた山菜・野菜の天麩羅・おひたしに手巻き寿司。
坂之下の女性たちのおもてなしに、みんな舌鼓をうちました♪

●オプションの手打ち蕎麦体験
GE DIGITAL CAMERA 12_そば打ち体験

こちらはオプションの手打ち蕎麦体験。
フットパスの参加料500円に+1000円で体験できます。
「坂之下そばの会」のお父さんたちが、そば粉を練る作業から教えてくれました。
ちなみに、そば粉は坂之下で育てたものを使っています。地産地消ですね~。

GE DIGITAL CAMERA

地元の新鮮な食材を使ったお料理の数々。
地域の歴史や風景を地元のお父さんたちに教えてもらいながら、
地元の味を堪能させてもらい、贅沢なひとときでした!

由利本荘市では坂之下の他でもフットパスを企画しているので
今後もお楽しみに~!
坂之下フットパスのリポートをお届けしました♪

Author: | Category:08由利エリア, 坂之下地域


カレンダー
2021年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
新着記事一覧
カテゴリー一覧
過去の記事
その他、RSSなど