画像:かたでご(大館地大根)

 11月初旬頃、大館市立花地域の家々の軒先に長さ20㎝ほどの薄紫色の大根が干され始めます。

 住民の皆さんが「かたでご」「かた大根」と呼ぶこの大根は、地元に昔から伝わってきた「地大根」で、普通の大根より硬く、短いのが特徴です。すりおろせば「からし大根」のような辛さを味わえるので、地元の人はわさび代わりに「かたでご」を使用しています。

 イカ刺し、長芋、トンブリにかけたり、白魚や醤油を入れて食べたりするのが立花地域の昔からの「かたでご」の味わい方です。

 また、「かたでご」は漬け物にすると美味しく、漬け方は家々で異なりますが、代表的なのは、米の糠を使う「こぬか漬け」と「醤油漬」です。干したスルメや昆布を刻んで南蛮漬け、または、数の子を入れて松前漬け風に漬ける家もあります。硬いので日持ちが効くため、「かたでご」は保存食としても重宝されてきました。地域に根付いてきたその「硬さ」は、地域の漬物の味のバリエーションを多彩にしています。

平成24(2012)年5月掲載

 

こちらの記事もおすすめです

ブラックベリージャム

 大館市の立花地域にある「田の中公園」には、田んぼのあぜ道にブラックベリー、ラベンダー、ハマナスなどの植物が植えられています。その中でもブラックベリーは真っ黒な実をつけ、酸味の強さと細かい種が多いのが特徴で、ジ...

買う

その他

直売所

立花神眀社 立花三大祭り

-稲作と共に歩む一年-   大館市立花地域の旧国道沿いに立花神眀社があります。立派な社殿は、明治時代にこの旧国道を天皇陛下がお通りになるということで造り変えられたのではないかと言われています。  社殿の中の額を見...

伝統行事・イベント

伝統行事

小林多喜二出生地の石碑

 大館市川口地域の下川沿駅そばに、戦前のプロレタリア文学を代表する作家、小林多喜二の石碑があります。多喜二は、明治36(1903)年、旧下川沿村(現在の大館市下川沿)に生まれ、4歳の時に北海道の小樽市に移住しました。 ...

歴史

史跡