展覧会について


特別展
没後50年 勝平得之



 勝平得之は秋田市出身の創作木版画家です。二十歳の頃、こうもり傘の骨を研いだ自作の丸ノミで墨摺版画を始め、まもなく色摺版画を志すようになりました。
 師のいない一人きりでの挑戦は試行錯誤の連続でしたが、実に3年をかけ独学で技法を学び、「日本創作版画協会展」への初入選を皮切りに、帝展(帝国美術院展覧会)など数々の展覧会入選を重ねました。
 そんな得之が生涯にわたり描き続けたのは、ふるさと秋田の自然と、そこに生きる人々の姿です。本展では、得之の作品と関連資料をご紹介します。

開催期間
令和3年11月20日(土)~令和4年2月6日(日)

観覧料 
一般:500円 大学生以下無料 団体割引等あり



コレクション展
春を迎える日本画



 毎年、春を迎えるのはうれしいものです。だんだん暖かくなるにつれ、何となく浮き浮きとした気分にもなることでしょう。古くから日本人の生活とともにあり、季節感が大切にされる日本画には、迎春にふさわしい作品や春の訪れを感じさせる作品が多く見られます。
 富士や松竹梅など縁起のよいモチーフを描いた絵画からは新春を寿ぐ気持ちが感じられ、まだ雪が残る早春の風景を描いた作品からは本格的な春の訪れを待ち望む思いも伝わってくることでしょう。
 本展では「春を迎える」をテーマに、当館のコレクションから日本画の作品を中心にご紹介します。

開催期間
令和4年1月22日(木)~令和4年4月10日(火)

観覧料 無料




 

 ※レスポンシブデザインに対応したため、インターネット・エクスプローラーの場合はVer.9以上でご覧ください。
     

   

  
名誉館長 2021/6/13最終更新
おしゃべり名誉館長