本文へスキップ

風土を楽しむ

上小阿仁村無形民族文化財「八木沢番楽」

画像:上小阿仁村無形民族文化財「八木沢番楽」

 八木沢番楽は、文化十年(1813年)八木沢集落を開拓したと言われる村田徳助が、北秋田市の根子から八木沢に移り住んだ時に伝えたと言われています。国重要無形民俗文化財に指定されている根子番楽の流れを組む芸能ですが、スピードの激しさや演じる場所など細かい部分が異なっており、八木沢独自の芸能として受け継がれてきました。

 裏表がある12演目・計24演目が継承されている八木沢番楽は、現在「露はらい」「鞍馬」「曽我兄弟」「鐘巻」「鳥舞」の5つの舞が残されています。お盆の8月14日に八木沢集落の大きな家の座敷でランプを灯して演じられ、食べ物を持参した子供から大人まで集落の人々が集まりました。番楽が行われると聞けば、八木沢だけでなく上小阿仁村の人々も集まってくるほどの人気だったそうです。

 八木沢番楽は、番楽の演じ手が戦争で出兵したため一時期中断しますが、若いメンバーが復員してから、八木沢番楽保存会(現会長・佐藤敏雄さん)が結成され、番楽は復活を果たします。上小阿仁村の無形民族文化財に指定されたのは昭和57年(1982年)。番楽に使用される「龍」は、保存会が結成された当時、修復しなおした道具の一つで、花火を散らせながら、生きているように動かす番楽のトリを務める花形の演目です。八木沢番楽は、県北地区の郷土芸能大会やNHK秋田スタジオで演じるなど、集落外で多く演じられるようになりました。

 その後、後継者難により1989年頃に途絶えていた八木沢番楽ですが、2010年「番楽を後世に残したい」と上小阿仁小中学校から依頼され、保存会は八木沢に赴任する地域おこし協力隊の協力を得ながら、再び番楽復活に向けて動き出しました。2010年10月16日、中学校の文化祭で10人の生徒たちにより、演目「露はらい」が見事復活を果たしています。

■参考文献
『上小阿仁村史・通史編』
『上小阿仁村百年誌』

2011年6月掲載

ページ上部へ戻る