本文へスキップ

語りを聞く

石川郷土芸能保存会 会長 北川宏悦さん

画像:石川郷土芸能保存会 会長 北川宏悦さん

 夜7時の石川センターに「東西、赤坂奴(やっこ)の笛たのむ!」とハリのある女性の声が響き渡ります。夕飯の支度を済ませた女性たちが、石川に伝わる奴踊りの練習を行っています。石川といえば勇壮な駒踊りが有名ですが、石川郷土芸能保存会の会長を務める北川宏悦さんは、「“駒”と“奴”は切ってもきれない。2つ揃ってこその踊り」と話します。

 石川郷土芸能保存会の魅力は、伝統的な型は崩さずに「演出」を演じる場所によって変えていることです。ナレーションを入れる時もあれば、芸能の由来を映像で流すこともあります。舞台から飛び降り、観客の目の前で踊るなど、その場に合わせた演出は、まさに魅せる伝統芸能のエンターテイナーです。「ドライアイスはちょっと失敗だったかな」と、苦笑する北川さんは30代の時に保存会の会長職を引き継ぎました。「踊りきったあとの爽快感がたまらない」と駒踊りの魅力を知りつくす北川さん。

 石川郷土芸能保存会は、石川の人々のコミュニケーションの場として中心的な役割を果たしてきました。駒踊りは子どもの時から憧れ。石川の男性は、憧れの地域行事に20代頃から参加するようになるそうです。昔は、駒踊りと奴踊りの両方を男性が演じていましたが、昭和38年、石川で大火があった当時、出稼ぎで集落を出る男性も増えたことから、女性にも指導するようになりました。今では、奴踊りを継承するのは、ほとんどが女性。母と娘で奴踊りを演じる方も少なくありません。

 石川センターに集まった女性たちは、誰に指導される訳でもなく練習を始めていました。暗闇の窓を鏡代わりに、自分の姿を確認し練習する女性たちを「昔の型に近づけようと自分たちで工夫してるんだよ」と説明するのは北川さん。「彼女たちは、自分で昔の型を知る人を探し出したり、映像を見たりして練習している。石川が心から好きな人が、この場所に集まってくる」。と、石川の気質を語ってくれました。

 毎年行われる八峰町の文化祭では、石川郷土芸能保存会の駒踊りと奴踊りがトリをつとめるのが恒例となっています。観客の歓声が一段と盛り上がるのは、何よりも「魅せる」工夫を、メンバー一人一人が心がけているから。石川のシンボル「駒踊り」と「奴踊り」は、石川が好きで堪らない人々によって、受け継がれてきています。会では、20年程前から、小学生への指導・伝承も行っています。指導を受けた子供たちが、中学、高校になっても参加してくれているので、とても世代の広い会になっているのも、石川郷土芸能保存会の特徴です。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

山本の関連情報