秋田県を選ぶ7つのメリット

秋田県の魅力

秋田県知事 佐竹敬久よりごあいさつ

画像:佐竹県知事

 秋田県は、充実した公設試験研究機関と、全国トップクラスの学力を有する児童・生徒をはじめ、特色ある高等教育機関が生み出す優れた人材を背景に、産業発展の可能性に満ちあふれています。

 また、当県の豊かな自然環境を活かし再生可能エネルギーの供給県を目指すとともに、北東アジア地域の経済発展を踏まえ秋田港を中心とする物流拠点化を図る等、企業立地環境の整備に努めております。

 このホームページでは、秋田県の企業立地環境や企業支援制度等についてわかりやすく紹介しておりますので、ご高覧のうえ、本県へのご理解を深めていただければ幸いに存じます。

 豊かな自然に恵まれた秋田県への立地を心からお待ち申し上げております。

秋田県知事 佐竹 敬久

秋田のプロフィール

 秋田県は首都東京のほぼ真北450kmにあり、北京やマドリード、ニューヨークなど世界の大都市とほぼ同じ緯度上(北緯40度)に位置しています。総面積は11,637km2、全国第6位の広さで、総人口は、約98万5千人(平成30年4月現在)です。
気候は、夏が短い北国型で、季節の区分がはっきりしているのが特徴です。美しい自然はもちろんのこと、小野小町に代表される「秋田美人」で知られているほか、日本を代表する美林「秋田スギ」、美味しい「秋田米」そして「秋田の美酒」など秋田が誇る資源は豊富です。
また、誠実で温厚、ねばり強さとバイタリティ、そうした秋田の県民性は貴重な資源のひとつです。
秋田県は21世紀の風を帆いっぱいに受けて、さらなる発展を目指しています。

安全・安心 ゆったりとした住環境、低い事業コスト

 秋田県は、豊かな自然環境に恵まれ観光地や温泉も多く、様々な郷土芸能や祭りなどの行事の開催もあり、魅力あふれた地域です。
住環境の面では、住宅面積の広さや持ち家比率の高さなどで、全国トップレベルの水準となっています。生活を取り巻く環境では、物価の安さ、充実した公園の配置、犯罪・交通事故の少なさ、など安全・安心に満ちた点が多く、暮らしやすい環境にあります。
また、子どもの教育面では、全国学力テストで常にトップレベルの成績を残しているほか、体格・体力でも恵まれた児童・生徒が多く、子どもの将来を安心して託せる環境にあると言えます。
さらに事業を行ううえでは、人件費や土地など経費負担の低さも、秋田での立地の魅力となっています。

グラフ:気温と降水量の月別平均値

グラフ:気温と降水量の月別平均値2

主な生活関連データ

  • 安価な土地代で一戸建住宅・住宅用地をお求めやすい住環境!
  • 日本を支える食料自給率の高さ!
住環境
項目 順位 調査年度 秋田県 全国 単位
一戸建て比率(居住住宅中) 全国1位

2013 

H25年度

81.0 54.9
持ち家比率(対居住世帯当たり住宅数) 全国2位

2013 

H25年度

78.1 61.7
持ち家住宅の畳数(1人当たり) 全国1位

2013 

H25年度

18.44

15.02 畳(1.65m2
理容・美容所数(人口10万人当たり) 全国1位

2015 

H27年度

544.1 287.1
都市公園の面積(人口1人当たり) 全国8位

2015 

H27年度

15.20

9.66

m2
消費者物価地域差指数(総合)(51市平均=100) 全国35位

2016 

H28年度

98.1
駐車場借料 全国46位

2007 

H19年度

8,592
地価(住宅地) 全国47位

2017   

H29年度

13,500 円/m2
食料自給率(カロリーベース) 全国2位

2015 

H27年度

196 39 %
  • 学力・体力を伸ばせる全国一の教育環境!
教育環境
項目 順位 調査年度 秋田県 全国 単位
公立小学校校地面積(児童1人当たり) 全国1位

2009

H21年度

114.0 m2
公立中学校校地面積(生徒1人当たり) 全国1位

2009 

H21年度

168.8 m2

公立小学校屋外運動場面積(児童1人当たり)

全国1位

2009 

H21年度

52.6 m2

公立中学校屋外運動場面積(生徒1人当たり)

全国1位

2009 

H21年度

93.5 m2

小学校6年国語Aの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立小学校:特別支援学校含む)

全国1位

2017 

H29年度

80 75
小学校6年国語Bの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立小学校:特別支援学校含む)
全国1位

2017 

H29年度

64

58
小学校6年算数Aの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立小学校:特別支援学校含む)
全国2位

2017 

H29年度

84 79
小学校6年算数Bの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立小学校:特別支援学校含む)
全国3位

2017 

H29年度

50 46
中学校3年国語Aの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立中学校:中等教育学校、特別支援学校含む)
全国1位

2017 

H29年度

82 78
中学校3年国語Bの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立中学校:中等教育学校、特別支援学校含む)
全国1位

2017 

H29年度

78 73
中学校3年数学Aの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立中学校:中等教育学校、特別支援学校含む)
全国3位

2017 

H29年度

68 65
中学校3年数学Bの平均正答率(95%信頼区間の中央値)
(公立中学校:中等教育学校、特別支援学校含む)
全国3位

2017 

H29年度

52 49
男子中学2年身長 全国1位

2016 

H28年度

162.0

159.9 cm
女子中学2年身長 全国1位

2016 

H28年度

156.2 154.8 cm

不登校による中学校長期欠席生徒比率

(児童千人あたり)

全国46位

2015 

H27年度

20.44 28.40
男子体力合計点(小学校5年生平均値) 全国3位

2016 

H28年度

56.40 53.92
女子体力合計点(小学校5年生平均値) 全国3位

2016 

H28年度

59.04 55.54
男子体力合計点(中学校2年生平均値) 全国6位

2016 

H28年度

44.03 42.13
女子体力合計点(中学校2年生平均値) 全国9位

2016 

H28年度

51.12 49.56
  • 犯罪や交通事故が少なく安心して暮らせる環境にあります。
安全
項目 順位 調査年度 秋田県 全国 単位
刑法犯検挙率(認知件数1件当たり) 全国2位

2015 

H27年度

60.3 32.5
窃盗法犯検挙率(認知件数1件当たり) 全国4位

2015 

H27年度

56.2 28.0
刑法犯認知件数(人口千人当たり) 全国47位

2015 

H27年度

3.08 8.65
窃盗犯認知件数(人口千人当たり) 全国47位

2015 

H27年度

2.14 6.35
交通事故死傷者数(人口10万人当たり) 全国42位

2016 

H28年度

271.8 490.6
交通事故発生件数(人口10万人当たり)

全国42位

2016 

H28年度

215.5 393.3

※統計でみる都道府県のすがた2018(総務省統計局)から