1. ホーム
  2. 取組事例
  3. アルフレッサ ファインケミカル株式会社 渡辺結さん(秋田市)

アルフレッサ ファインケミカル株式会社 渡辺結さん(秋田市)

 

家事も育児も夫婦でシェア!チャンスを活かしてキャリアアップも!

 

岩手県出身の渡辺結さんは、地元の大学院を経て、4年前からアルフレッサ ファインケミカル株式会社で医薬品の有効成分(原薬)の生産技術開発を担う専門職として働き始めました。念願の技術職としてのキャリアを踏み出したその1年後、結婚、長女出産という急展開。入社説明会では遠い先のことと思って聞いていた出産や子育てに関する福利厚生制度を、入社2年目にはフル活用することになりました。女性の同僚や先輩の助言を受けながら産休・育休を取得。復帰後は勤務時間を16:30までにしているので保育園のお迎えに無理なく行くことができます。子どもの健診、通院には時間・半日単位の子の看護休暇などを活用し、カーディーラーの営業職として働く夫と、家事も育児もシェアしながら仕事と両立しています。
仕事では、子どもの成長に合わせて研修やセミナーなどに参加する機会を増やし、キャリアを積み重ねていきたいと考えています。家庭と仕事の両立、さらに、キャリアアップにも意欲的な渡辺さんが目指すのは、職場で頼られる人材になること。そんな渡辺さんにとって、女性の活躍を後押ししてくれる同社の職場環境は大きな支えです。これから出産・子育てに向き合う後輩には「福利厚生制度やキャリアアップの機会など、状況に応じてフル活用して、人生にも仕事にも前向きに」とエールを送っています。

同じ中学校出身の夫の稔輝さんとは、同窓会での再会をきっかけに結婚しました。稔輝さんは地元岩手のカーディーラーで働いていましたが、渡辺さんの仕事を尊重して秋田に移り住んだ愛妻家。平日の公休日には稔輝さんが保育園の送り迎えと家事を担当します。家事は実家のお母さん仕込みで、特に掃除が大得意。育児にももちろん熱心ですが、「寝かしつけるところまでできるようになってくれたらいいな」というのが渡辺さんの本音のようです。それでも、子どもがぐずったり、病気のときはずっと寄り添い、必要なことは自分から進んでやってくれる稔輝さんの気遣いに感謝しているとのこと。普段から「ありがとう」の言葉を欠かさないのが夫婦のスタイルで、家事にも育児にも二人でしっかりと向き合っています。

(管理部総務課 課長 伊藤盛行さん)第一三共グループの医薬品原薬製造を手がける当社では、技術・研究部門で働く女性が多いことから、その人材育成を進める「女性活躍プロジェクト」を立ち上げました。その一環として、法定の産休・育休に加え、つわり休暇(有給特別休暇)、時間・半日単位での子の看護休暇なども制度化し、子育てなどでキャリアを中断することなく働くことができる環境を整えています。男性の育児参画も不可欠ですので、説明会などで育休取得や、そのメリットの周知を図っています。また、年度当初に年次有給休暇取得希望日を申請してもらい、計画的な取得を促進しているほか、従業員の事情に合わせて働けるフレックスタイム制なども導入しています。休暇取得や働き方の選択肢のほか、キャリアアップのチャンスも拡大して、女性も男性もそれぞれの人生を楽しみながら生き生きと働き続けられる職場づくりを目指しています。

アルフレッサ ファインケミカル株式会社/製造業

●住所 秋田県秋田市向浜1-10-1
●電話 018-863-7701
●HP   http://www.alfresa-fc.co.jp/

この記事をシェアする

コメント

美の国あきたネット
いっしょにねっと。
行動人
女性活躍推進法「見える化」サイト
女性の活躍推進企業データベース
女性の活躍・両立支援総合サイト
中小企業のための女性活躍推進事
ポジティブ・アクション