ベニズワイガニ

秋田県における特徴

名前は、生の時点でズワイガニ(本ズワイ)に比べて体が赤みがかっていることに由来する。ズワイガニよりも旨味が強いのが特徴で、水深850~1,000m前後の砂泥に生息している。富山、石川、福井、兵庫、鳥取などの日本海が主な産地で「かにかご」で漁獲される。

9~翌5月
漁期
3~12月

本ズワイにも負けない実力

秋田県の主な漁法・漁場

主な漁法

  • かご

主な漁場

オススメの食べ方

一般にボイルされた状態で販売されるため「ゆでカニ」として食べられることが多い。生鮮のベニズワイガニを手に入れる機会があれば「刺し身」や「カニしゃぶ」にすることで特有のみずみずしさを味わうことができる。ほかに「カニコロッケ」「カニグラタン」の具材にも。

  • ゆでカニ
  • 刺し身
  • カニしゃぶ