秋田県水産振興センター

秋田県水産振興センターは、
海洋・湖沼・河川における環境保全のために基礎資料を把握するとともに、「資源を守り生かす漁業の実現」を目標とし、水産資源の安定的、永続的な利用を図る技術を開発することにより、 漁業関係者の経営安定と漁村の活性化などへの寄与を目指します。

写真:水産振興センター本館棟

水産振興センター本館(男鹿市船川港)

1.水産資源を末永く利用し、海の環境を守る。

  • ハタハタ・マダラ・カレイなど重要な魚類について、海の中にどれくらいるかを調査し、これらをとり続けるための方法を検討します。
  • 海の環境や水質を調査し、漁場を守るための方法を検討します。

水産資源調査

写真:稚魚調査
写真:稚魚調査

海洋環境調査

写真:海洋観測
写真:稚魚調査

2.水産資源を豊かにする。

  • 魚を増やすために魚の稚魚を効率よく生産する技術を開発し、放流した稚魚がどれくらい漁獲されているかを調べます。
  • おいしい海藻がたくさん獲れるような養殖技術を開発します。
  • イワガキやワカメ、そして多くの生物の住みかなどになる海藻を増やす技術を開発します。
  • 魚の病気が拡がるのを防ぐために、病気の検査や、病気を治す方法を指導します。

種苗生産・放流

写真:ワカメ種苗生産
写真:放流(トラフグ)

藻場調査・魚病対策

写真:生物、海藻の調査 [161KB]
写真:魚病検査 [173KB]

3.河川・湖沼の資源を有効に活用する。

  • 米代川、雄物川、子吉川の三大河川をはじめとする河川や、八郎湖、十和田湖などの湖沼において、魚介類の資源生態と生息環境に関する調査を行い、サクラマス、アユ、ワカサギ、ヒメマスなどの重要資源を管理・増殖する手法を開発します。

資源・環境調査

写真:環境調査

増殖手法開発

写真:放流手法開発
写真:放流(トラフグ)

親魚養成

天然アユ

4.研究の成果を広め、有効に活用する。

  • 研究により明らかになったことを取りまとめ、漁業関係者や一般の方に広く発信します。
  • 漁業者に役立つ情報や技術を現場で指導し、広めていきます。
  • 施設の利用や見学を通じて水産業を知ってもらい、地域の活動を支援します。

普及事業

写真:ブリコふ化放流

情報提供など

写真:参観デー
写真:研修の受入1
写真:放流(トラフグ)

内水面試験池

内水面試験池は、川や湖沼などの魚を研究するために、平成6年に、北秋田市阿仁打当地区に建てられました。現在はサクラマス、アユなどについて研究しています。

写真:管理棟と試験棟

管理棟(左)と試験棟(右)

1.サクラマスを増やすための研究

  • 効率的に稚魚を生産するための飼育技術を開発します。
  • 稚魚に標識を付けて放流し、大きくなってもどってくるサクラマスの割合を調べます。
  • より多くのサクラマスがもどってくるように、効果的な放流サイズを調べています。

稚魚の飼育

写真:稚魚の飼育
写真:研修の受入
写真:放流手法開発

2.アユに関する研究

  • 春は河川を上ってきたアユの数や大きさを、秋には産卵の状況を調べます。
  • 人気のある友釣りに適した、なわばりをつくるアユを増やすため、最適な放流方法を開発します。
  • 天然アユを親として稚魚を生産する方法を開発します。

天然アユの採卵

写真:採捕した天然アユ
写真:放流(トラフグ)

漁業調査指導船 千秋丸(せんしゅうまる)

秋田県の漁業調査指導船千秋丸(99トン)は、調査のための各種設備を備え、本県沖の水産資源の調査や海洋環境の観測を行うとともに、教育機関と連携した高校生の体験乗船等も行っています。

写真:漁業調査指導船 千秋丸

漁業調査指導船 千秋丸

1.千秋丸による調査

海底地形調査

写真:海洋観測
写真:海底地形調査

底びき網調査・ズワイガニ篭調査

写真:底びき網調査
写真:ズワイガニ篭調査

体験乗船・調査の概要

写真:体験乗船
写真:千秋丸による調査の概要

ハタハタ漁獲量はなぜ大きく変動するのか ~資源が変化する原因を探る~

1.秋田県のハタハタ漁獲量の移り変わり

  • ハタハタ資源は約30年の周期で大きく変動。
  • 1960年代:豊漁期が約10年間続き、2万㌧を超えたこともあった。
  • 1975年以降:資源は急激に減少し、1984年には74㌧にまで落ち込んだ。
グラフ:暦年漁獲量

2.秋田県沿岸は国内最大のハタハタのゆりかご

  • 秋田~青森県沿岸には国内最大のハタハタ産卵場がある。
  • この海域で生まれた稚魚の量が、日本海北部のハタハタ資源を支えている可能性がある。
  • 稚魚は水温が13℃を超えると生きて行けなくなるため、体長3cm以上に成長した頃、水深200m以上の深場へと移動する。
  • その後は、成長しながら分布範囲を広げ、その一部は隠岐周辺にまで回遊すると考えられている。
写真:ハタハタの卵
図:海流の関係

3.ハタハタ資源の大きさは水温で決まる?

  • 稚魚期の水温(低水温が好条件)と、その後の深場の水温(高めが好条件)が、生き残りの数を決める可能性がある
グラフ:水温の変動

秋田県の栽培漁業

「栽培漁業」とは、卵から稚魚になるまでの魚にとって一番弱い期間を人の手で育て、丈夫で優良な稚魚を生産、放流し、自然の海で成長したものを漁獲する漁業のことです。秋田県では「公益財団法人秋田県栽培漁業協会」と連携し、栽培漁業を進めています。

1.水産振興センターがつくっている魚介類

トラフグ・ワカメ・ガザミ・アユ・キジハタ

写真:トラフグ
写真:ワカメ
写真:ガザミ
写真:アユ
写真:キジハダ

2.公益財団法人秋田県栽培漁業協会がつくっている魚介類

マダイ・クロソイ・ヒラメ・クルマエビ・エゾアワビ

写真:マダイ
写真:クロソイ
写真:ヒラメ
写真:クルマエビ
写真:エゾアワビ

秋田のトラフグを増やすために

秋田県沖にはトラフグの日本北限の産卵場があります。そこで、「北限の秋田フグ」ブランドとして、トラフグを増やす研究をしています。

1.トラフグの採卵から放流までの流れ

  • より早く大きく、順調に成熟するよう研究します。
  • 受精卵を安定してふ化させる技術を研究します。
  • ふ化から放流に適するサイズまで順調に育つよう研究します。
  • 標識をつけることで、放流した魚がどこで、どれくらい漁獲されたか、どれくらい成長したかなどが判ります。
  • 放流に適したサイズ、適した場所について研究します。

天然トラフグから採卵

写真:天然トラフグから採卵し、人の手で授精 [166KB]

受精卵を管理し、 ふ化させる

写真:受精卵を管理
写真:安定してふ化させる技術
写真:安定してふ化させる技術

ふ化した魚を飼育する

写真:産まれたばかりのトラフグ [43KB]
写真:40日目

放流に適するサイズまで飼育する

写真:飼育の様子

放流効果を調べるため、標識を取り付ける

写真:標識を取り付け
写真:標識なし
写真:標識あり [71KB]

放流・捕獲されたトラフグ

放流風景(7月上旬)
写真:漁獲されたトラフグ

秋田のワカメ養殖

【ワカメの特徴】

  • ワカメは北海道から九州の海に分布し、各地で養殖も盛んに行われており、秋田県では男鹿半島周辺が主な産地となっています。
  • 海で生きているワカメは褐色ですが、湯に通すと緑色に変わります。
  • ワカメは葉だけでなく、メカブや茎もおいしく食べられます。

【ワカメの一生(生活史)】

  • ワカメの種(遊走子)は、春にメカブから放出されます。
  • 遊走子は岩に付着し、雄・雌それぞれの配偶体となり夏を過ごし、水温が下がる秋以降に発芽します。
  • 秋以降、雄から放出された精子が、雌の体に形成された卵へたどり着いて受精します。その後、冬の間に急激に成長し、春には2メートル以上になります。
わかめ

1.養殖の手順

メカブ・糸状の配偶体

めかぶ
写真:糸状の配偶体

フラスコ内で成長した配偶体をミキサーで細かく砕く

フラスコ内で成長した配偶体
写真:配偶体をミキサーで砕く

筒に巻いた糸に配偶体を吹き付ける

写真:配偶体を糸に吹き付ける

水槽で管理しているワカメ種糸、ロープに巻いた種糸のイメージ

ワカメ種糸を水槽で管理
写真:種糸のイメージ

成長したワカメの収穫

写真:わかめの収穫

縄張り形成能の高いアユの種苗生産と効果的な放流 ~釣り人に人気の「低継代アユ」~

「友釣り」は、アユの持つ縄張り習性を利用した漁法で、釣り人からの人気が非常に高く、その放流アユの縄張り習性は、天然魚からの継代数が少ない(低継代)ほど、強いことが明らかにされています。

写真:川を上る天然アユ

川を上る天然アユ

1.種苗生産技術の開発

投網による天然アユの捕獲

写真:投網による天然アユの捕獲

2.効果的な放流技術の開発

  • 現在の放流時期(6月:水温13℃以上)よりも早い時期(5月:8~13℃)に、継代数の少ない幼魚を放流することで、大型のアユが良く釣れる結果が得られました。

友釣りで釣獲されたアユ

写真:友釣りで釣獲されたアユ

3.アユ釣りがもたらす波及効果

  • アユが増え、よく釣れることで県内外からの釣り人が増加。
  • 漁協の遊漁料収入の安定と放流数の維持、周辺の飲食店、宿泊施設、商店などの集客にも効果。
  • 活力ある地域の創生

阿仁川(北秋田市)・米代川(大館市)

阿仁川(北秋田市)
米代川