「COOL CHOISE」とは?

CO2などの温室効果ガスの排出量削減のために、脱炭素社会づくりに貢献する「製品への買換え」、「サービスの利用」、「ライフスタイルの選択」など地球温暖化に資するあらゆる「賢い選択」をしていこうという取組です。(環境省COOL CHOICE HPより引用)

COOL CHOICEについて詳しくはこちら

本事業の目的

世界中で注目されている「地球温暖化」について皆様はどのように感じていますか?
温暖化による気候変動はここ秋田県でも、気温の上昇だけでなく大雨などの気象災害や感染症リスクの増加などさまざまな影響を与えると考えられています。

日本では2050年のカーボンニュートラル社会の実現を目指していますが、温暖化を防止するためには毎日の生活の中での取組が欠かせません。
まずは温暖化で何が起こるのか、そして私たちは何ができるのかを、秋田県出身の漫画家おおひなたごう先生の作品とともに見ていきましょう。

気候変動への対策には、温室効果ガスを削減する「緩和」と緩和を行ってもすぐには避けられない気候変動への影響に備える新たな「適応」というアプローチがあります。「緩和」のためには、省エネの推進、再生可能エネルギーの導入、森林による二酸化炭素吸収の促進などがあり、「適応」のためには、防災対策や熱中症対策、高温でも育つ農作物の品種改良や栽培など様々な分野の取組があります。

県では県民の皆様にマイバッグやマイボトルの使用を呼びかけたり、スーパーやコンビニ等で環境にやさしい取組を行うとポイントがもらえるアプリ「あきエコどんどんプロジェクト」を活用することで取組を促進しています。
また、「COOL CHOICE」には事業者の取組も含まれており、省エネルギーに関するセミナーの実施やクールビズ・ウォームビズの周知などで事業者に対しても取組を進めています。

「ピリカ」は拾ったごみの数や写真などを投稿できるSNSサービスです。現在世界中でその活動が投稿されており、アプリをダウンロードするだけで気軽に参加することができます。

秋田県版ピリカサイトはコチラ

私たちの生活で感じる「もったいない」。
個人一人ひとりの「もったいない意識」を高め、消費行動を変えることが
資源やエネルギーの無駄使い、地球温暖化を防ぐことにつながります。
環境にやさしいライフスタイルを実践しましょう!

温暖化対策はみなさまの日常のちょっとした取組みにより
実践できます。まずは、皆様の生活を見直し、少しでも温暖化対策を
取組んでみませんか。








秋田県の取り組み >