要領、申請書様式のダウンロード

秋田県水と緑の森づくり事業の実施状況

木育インストラクター養成研修を実施しました

●木育インストラクターに認定

 木に触れ、木を使い、木を知ることで自然環境の保全、木材の良さや利用意義を学ぶ「木育」への関心が全国的な高まりを見せる中、県内でも森づくり税事業を活用する幼稚園・保育園等が増加しており、未就学児に対する専門的な技術と知識を持つ木育の指導者を養成するため、「木育インストラクター養成研修会」を令和元年9月29日に鳥海山木のおもちゃ美術館を会場に開催しました。


 秋田県内在住の保育士・幼稚園教諭、学童関係者、木育体験活動従事者等を対象に募集をし、30名の方が研修を受講しました。

講義内容
木育概論
木育プログラム体験
木育プログラムの企画・開発
 遊びを通じて学んでほしいこと、対象の年代、遊びの期間などを細かく設定したプログラムのたて方などを学びました。
 
受講者からは
・保育の仕事に活かしていきたい
・木に触れる機会を増やしたい
・身近な自然にもっと親しみ、身近な人からその素晴らしさを伝いたい
などの意見がありました。
 
 今回、木育インストラクター研修を受講した方々には、認定書が授与され、今後、各々の職場やイベント等で木育の普及にも努めていただきます。
 
認定者一覧
 
 

▲ ページのトップへ

事業の実施状況一覧へ