要領、申請書様式のダウンロード

秋田県水と緑の森づくり事業の実施状況

令和元年度第2回秋田県水と緑の森づくり基金運営委員会

●第2回基金運営委員会

 今年度第2回目の基金運営委員会を令和元年9月12日(木)に開催しました。

 

 今回の基金運営委員会では森づくり税を活用して実施または計画している箇所での現地視察を三種町で実施しました。

 現地では、事業内容について委員の皆様からの様々な質疑に対し、担当者が回答する形で行いました。

 

〇マツ林・ナラ林等景観向上事業箇所

 県内の松くい虫被害の状況は、昭和57年に初めてにかほ市(旧象潟町)で発生した以降、被害が徐々に拡大し、今回視察を行いました三種町の海岸林は国の指定を受けた特別防除を実施しているところです。

 その最先端地区のマツの被害状況の確認と防除等の対策内容について確認しました。

 また、指定地区に隣接する指定地域外のマツ林も松くい虫被害によりマツが減少してきており、その被害状況の確認と森づくり税事業で今年度実施する箇所の作業前の状況を視察しました。

 

〇広葉樹林再生事業(旧中山スキー場跡地)

 廃止された旧中山スキー場跡地に平成28年度に植栽し、保育作業の下刈を実施している箇所となります。

 植栽後3年経過していますが、周りの草の背丈が植栽木より高く、保育作業が必要な状況等について視察しました。

 

〇ふれあいの森整備事業(石倉山公園)

 ふれあいの森整備事業で整備しました石倉山公園の展望台改修について、整備状況や利用状況等について視察しました。

 

○広葉樹林再生事業(金山牧場跡地)

 三種町営金山牧場は平成22年に廃止しており、平成24年度に植栽を行い、広葉樹林への再生を図った個所となります。

 14樹種を植栽し、7年経過した再生状況について視察しました。

 樹種により生育状況は異なりますが、順調に再生が図られており、事業の成果や効果等が確認できました。

 

 現在行っている事業の実施状況や必要性、課題等を改めて確認し、いただいた意見を事業に反映していきたいと思います。

 

 

次第等

 

資料1(マツ林・ナラ林等景観向上事業)

 

資料2(広葉樹林再生事業 旧中山スキー場跡地)

 

資料3(ふれあいの森整備事業 石倉山公園)

 

資料4(広葉樹林再生事業 金山地区)

 

 

 

マツ林の状況確認 広葉樹林再生(旧中山スキー場跡地)
マツ林の状況確認 広葉樹林再生(旧中山スキー場跡地)
ふれあいの森整備(石倉山公園) 広葉樹林再生(金山牧場跡地)
ふれあいの森整備(石倉山公園) 広葉樹林再生(金山牧場跡地)

▲ ページのトップへ

事業の実施状況一覧へ