要領、申請書様式のダウンロード

■水と緑の森づくり事業(ハード事業)

事業名 事業の概要 要領・様式         
豊かな里山林整備事業

1 針広混交林化事業

高標高や私たちの暮らしに身近な里山などで生育の思わしくないスギ人工林を公益生の高い広葉樹との混交林に誘導します。

 

実施主体:市町村、財産区、森林組合、林業事業体、県等

 

 

2 広葉樹林再生事業

過去に損なわれた森林環境を取り戻し、野生動植物などが生息・生育できる生態系の健全性に配慮した広葉樹林の再生を図ります。

 

実施主体:市町村、県

 

 

3 緩衝帯等整備事業

クマ等の野生動物が出没し、人的な被害などのおそれのある森林において、緩衝帯等を整備し、野生動物の出没の抑制を図ります。また、主要道路や通学路沿い等の藪化・過密化している森林を整備し、森林環境の保全や景観の向上を図ります。

 

実施主体:市町村、財産区、森林組合、林業事業体、県等
 



 


 

マツ林・ナラ林等景観向上事業     

松くい虫被害及びカシノナガキクイムシ被害等により枯れたマツやナラ等で、景観維持や安全面に支障がある枯損木の伐採と健全化に向けた植栽を行います。

 

実施主体:市町村、県



森や木とのふれあい空間森整備事業

1 ふれあいの森整備事業

身近な森林等のうち、「森林浴リフレッシュ・健康づくりの森」、「湧水・名水の森」、「森林ボランティアの森」、「学びの森」の4つの視点で、県民が森林とふれあえる「森や水とのふれあい拠点」を整備します。

 

実施主体:市町村、財産区、小中学校、自治会、県等

 

 

2 木育空間整備事業

木の良さや森林の大切さ等について理解を深めるため、公共施設等において、親子で直接木を見て、ふれあえることのできる「木育体験空間」を整備し、木育の促進を図ります。

 

実施主体:市町村、県
 





■水と緑の森づくり推進事業(ソフト事業)

事業名 事業の概要 要領・様式
森林環境学習活動支援事業

次代を担う児童・生徒を対象に森林環境教育を行う活動や学校林の整備に要する経費について補助金を交付します。

 

実施主体:市町村、小・中学校、幼稚園、保育園、教育関係団体、NPO、地域住民団体等

 

計画書様式第2号(Excel)号

 

・word等様式一式

 木育について  木育についての考え方について  

県民参加の森づくり事業

 

県民参加の森づくり活動の機会を提供するため、森林ボランティア団体や各団体、市町村等へ森づくりに要する経費について補助金を交付します。

 

実施主体:

森林ボランティア活動支援(森林ボランティア団体)

市町村等の森づくり活動支援(市町村、森林組合)

森づくり県民提案(任意団体等)

※募集については以下を参照

 

・計画書様式

森林ボランティア様式2号(Excel)

市町村等の森づくり様式2号(Excel)

森づくり県民提案様式2号(Excel)

 

・森林度ボランティア・市町村等の森づくりword等様式一式

 森づくり県民提案 

 自ら企画・立案・実行する提案型の森づくり活動に要する経費について補助金を交付します。

 

実施主体:任意団体等

 (令和2年度計画の2次募集は締め切りました

 

 細部基準

  水と緑の森づくり事業(ソフト事業)の細部基準について

  

 森林環境教育指導者養成事業

森林環境教育等の指導者を養成します。

対象者:森林ボランティア団体会員、小中学校教員、保育士等

 第1回目は8月開催予定です

 

※令和2年度は森のようちえん指導者養成、木育インストラクター養成を県で実施する予定です。後日ご案内します。
 

 森の保育士募集参考様式(word)