埋文きほんの「き」

あきた埋文のお仕事

はじめに

①「埋蔵文化財」とは何だろう?
土の中に埋まっている住居跡、貝塚、城跡、土器、石器、金属器などのことです。
遺跡 遺構や遺物のある場所です
遺構 昔の建物などの跡
遺物 昔の人が残した物
  • 縄文土器
  • 和鏡
  • 漆器
②遺物はどこにあるのだろう?
長い年月をかけて土は堆積するので、古い物ほど下の層に埋まっています。
遺物のある土層
③土器の形は時期ごとに特徴があるので、作られた時代がわかります。
時代で異なる土器の形

遺跡の発掘作業

遺跡の発掘作業

Step1. 地面を平らにし、昔の地面を探します。

Step2. 土の色が違う部分を発見!これは「遺構」という昔の建物のなど跡です。

Step3. 掘ってみる→建物の跡、お墓など、何に使われていたのかがわかります。

こうして、遺跡全体の様子がわかります。

遺物を整理する仕事

遺物を整理する仕事

Step1. ばらばらに見つかった土器はきれいに洗います。

Step2. いつ・どこで見つかったものか記号を付けます。

Step3. 縄文土器・須恵器・土師器・石器など、種類ごとに分けます。

Step4. 破片を接合して、土器を復元していきます。

Step5. 復元された土器はきちんと測り、正確な図面をつくっていきます。

Step6. 遺跡の報告書としてまとめます。

発掘調査でわかったことを伝える仕事

  • 遺跡見学会
  • 発掘調査報告会
  • セカンドスクール
  • 遺物の展示
  • 遺物の収蔵・保管

がんたくんプロフィール

マスコットキャラクター「がんたくん」です!

マスコットキャラクター がんたくん

みなさん、はじめまして!ボクの名前は「がんたくん」です。

平成15年11月、ボクは秋田県埋蔵文化財センターのマスコットとして生まれたんだ。
ボクに素敵な名前をつけようと、秋田県内の小中学生のみんなから963通もの便りをもらったよ。
いろんな名前があってとっても迷ったんだけれど、「がんたくん」に決定したんだ。
素敵な名前を、どうもありがとう!

埋蔵文化財センターでみんなに会えるのを楽しみに待ってるよ!

笑う岩偶

笑う岩偶(がんぐう)

ボクのモデルとなったのは、北秋田市(旧森吉町)にある白坂遺跡から発見された「笑う岩偶」なんだ!

Q&A

Q:発掘調査の現場を見学することはできますか?
A:はい、できます。
ただし現場によって危険箇所(深堀り、沢など)があるため、安全面から現場への立ち入りをお断りする場合がありますので、事前に発掘調査現場事務所、または埋蔵文化財センターまでお問い合わせください。
Q:発掘が終わったあと、土器や石器などの出土品はどうなるのですか?
A:発掘調査終了後、まずは埋蔵文化財センターで整理されます。
出土品は洗浄・注記作業のあと、復元されます。さらに発掘調査の成果をまとめた「報告書」に掲載するための分類や実測などの図化作業が行われます。
報告書作成後は、埋蔵文化財センターの収蔵庫に大切に保管されます。
また、遺跡の所在地である市町村などで展示するなど、地元での活用も行われます。
Q:私の住んでいる地域にも遺跡はありますか?
A:はい、あります。
人間が生活するためには、何らかの便がいいところに住みついているわけですから、あなたのお家のまわりにも昔から人間が住んでいたはずです。近所を散歩するときに道路の切り通しや、畑などを注意深く観察してみましょう。土器や石器のかけらが落ちているかもしれません。
これまでに発見された遺跡は「秋田県遺跡地図情報」に掲載されていますので、ホームページからご覧いただけます。
Q:発掘調査の成果を教えてもらう機会はありますか?
A:はい、あります。
年度末に「埋蔵文化財発掘調査報告会」を開催しています。写真や図を用いて、発掘調査の成果についてわかりやすく説明するほか、出土した土器・石器などの展示も行います。開催日時や場所は、このホームページでもご案内しますので、ぜひ参加してくださいね!
→ 最新情報は あきた埋文Facebook へ
Q:埋蔵文化財センターを見学することはできますか?
A:はい、できます。
センターには「特別展示室」があり、発掘調査で出土した土器・石器などを豊富に展示しています。この展示室は、土・日曜も見学できます。
展示室の他にも遺物の復元・作図など、センターの普段の仕事の様子を見学したい場合は、あらかじめお問い合わせください。

▲ページ先頭へ戻る