1. ホーム
  2. 取組事例
  3. 合同会社鈴木建装(秋田市)

合同会社鈴木建装(秋田市)

 

仕事とプライベートの両立を目指すジョイントベンチャー

 

合同会社鈴木建装は、塗装・リフォーム業者と不動産業者によるジョイントベンチャー(合弁)企業です。不動産の売買、賃貸物件の運営管理、建築、リフォームまで、土地と建物に関わる業務へのワンストップ対応をモットーに、平成26年に設立。工期や費用の無駄を省く柔軟なフットワークを活かした事業展開に加え、バーチャルハウジングセンターの構築などICTを活用した新たな戦略にも取り組んでいます。
このジョイントベンチャーを支えているのは20〜30代の若い世代とあって、ビジネススタイルだけでなく、ワークスタイルの刷新にも意欲的。さまざまなライフスタイルに対応できる働き方を取り入れることで、若手や子育て世代も無理なく働き、活躍し続けられる職場づくりを進めています。
法制度以上の取組に関しては特にルール化していませんが、出産の立ち会いや子どもの病気、学校行事への参加など、子育てに関わる休暇取得やフレックスタイムの活用など、状況に合わせ最大限に対応しています。こうした働き方を無理なく進めるために、スケジュールなどの情報の共有・管理などで時間外労働を削減し、業務の効率アップを図っています。家族との時間や家庭の幸せは仕事のエネルギー源。フル充電で仕事に向き合い、どちらも納得のいく結果を積み重ねていける環境づくりが取組の狙いです。

(執行役員 宅地建物取引士 齊藤圭祐さん)子どもが生まれてから妻が看護師の資格を取得したこともあり、現在8歳の長男の育児も家事も夫婦で分担しています。子どもの世話はもちろん、掃除や料理、月3万円という食費のやり繰りもできるようになりました。でもこれは、共働きの夫婦としてごく当たり前のことであり、妻を手伝っているという意識はありません。
学校行事や子どもの病気などの場合も休暇を取得できる職場環境ですが、家庭を充実させながらどれだけの業績を上げられるかも問われるので、必要に応じて優先順位を変えながら効率的な仕事を心がけています。自分の経験を若手の育成にも役立てたいですね。

(代表社員 鈴木一正さん)家族や子どもあってこその仕事というのが当社の理念。子どものことが心配で仕事に集中できないという状況は、職場にも家庭にもデメリットしかないと考えています。出産や子育てに活用できる法制度に限らず、ケースバイケースで最大限に対応し、従業員が心おきなく活躍できる環境を整えています。優秀な若手を育てながら新たな戦略展開を進めていきたいですね。

合同会社鈴木建装/建設・不動産業

●住所 秋田県秋田市泉字登木214-2
●電話 080-6292-6095
●HP   http://www.suzuken-akita.jp/

この記事をシェアする

コメント

美の国あきたネット
いっしょにねっと。
行動人
女性活躍推進法「見える化」サイト
女性の活躍推進企業データベース
女性の活躍・両立支援総合サイト
中小企業のための女性活躍推進事
ポジティブ・アクション