1. ホーム
  2. 取組事例
  3. 奥山ボーリング株式会社(横手市)

奥山ボーリング株式会社(横手市)

女性技術者の登用

技術本部長の藤井さん

奥山ボーリング株式会社では、従来から一般職の女性従業員は多かったが、技術者として女性をはじめて採用したのは8年前。現在は3名の女性が技術者として働いています。

技術本部長の藤井さんは、技術職にはじめて女性が採用されたときも「女性だから」という見方ではなく「一人の技術者」として見ていたと当時を振り返ります。今後も、優秀であれば男女関係なく採用を進めていくそうです。

「技術職が携わる作業の中でも、現場での調査作業やオフィスでの解析作業など分業が進み、体力差に関係なく働ける環境になり女性も増えてきた。女性がいることで雰囲気が和んだり、現場での聞き取り調査が円滑に進むことがある。女性のコミュニケーション能力の高さが生きている場面もあり、会社としてもメリットになっている」と話してくれました。

実際に働いている女性から見た職場

 8年前にはじめて女性技術者となった高堂さんは「女性だからということはなく、男女関係なく同じ扱いだったが、理解のある先輩が多かった」と当時を振り返ります。中堅の先輩が、年が離れている上司の言葉を代弁してくれたり、心構えや考え方などを教えてくれたことで成長できたそうです。
女性技術者の業務内容はデータ整理、解析、報告書作成等、男性社員と比べて内業の割合がやや多いものの、現場作業も行っています。山間部の現場や災害対応等、短時間での成果が必要な現場では体力的に有利な男性が優先的に配置される一方で、市街地を対象とする現場では男女関係ない配置が行われています。
「現場経験を積むことで業務への理解が深まり、現場作業と内業の配分調整について学べたように思う。業務改善点の提案等の意見を言いやすくなり、現場を経験できたことは自身のスキルアップにも直結するのではないか」と感じているそうです。

制度の拡充、今後の展開

作業の様子 同社では、男女ともに働きやすい職場づくりという観点から、年度の初めにあらかじめ休暇取得の計画を立てる計画有給休暇制を設け、有給休暇を取得しやすい雰囲気づくりを心がけています。そのほか、時間単位での年次休暇取得、ノー残業デーの設定などを行ったり、資格取得の受験料や講習会費用の補助を行うことで、全社員を対象としたスキルアップの支援も行っています。

会議の様子
今後は、女性が就業継続できるよう育児と仕事の両立支援などについて、他企業を参考にして対応していくほか、女性技術者がスキルアップしていけば管理職への登用も考えているそうです。「管理職への登用により、女性の考え方が会社に反映されれば、会社にとっても従業員にとってもプラスになるので、是非このままスキルアップしていってほしい」と話してくれました。

奥山ボーリング株式会社

●秋田県横手市神明町10-39
●電話 0182-32-3475
●HP https://okuyama.co.jp/

この記事をシェアする

コメント

いっしょにねっと。
女性活躍推進法「見える化」サイト
女性の活躍推進企業データベース
女性の活躍・両立支援総合サイト
中小企業のための女性活躍推進事
ポジティブ・アクション