本文へスキップ

語りを聞く

大葛の将来を考える会 会長 嶋田久成さん

画像:大葛の将来を考える会 会長 嶋田久成さん

  専業農家の嶋田さんは、地域を一度も離れることなく、何十年と大葛を見つめ、大葛の大地と共に生活してきました。そんな嶋田さんは、地域のことを誰よりも知っています。また、若い頃、大葛郵便局で郵便配達の仕事をしていた嶋田さんは、「地域のみんなに顔を覚えてもらった事がよかった」と話します。

 大葛の将来を考える会の立ち上げから、嶋田さんは会の運営に関わってきました。 その間、公民館の主事や分館長を務め、常に大葛地域全体のことを考え続けています。旧比内町が、温泉の運営を「将来を考える会」に託したいと相談されました。もし、引き取り手が無かった場合は、公営の温泉と源泉を統合しようという話も出ました。嶋田さんは、「そのときは自分が引き取ろう」と覚悟を決めたそうです。

 そして3年前、将来を考える会の5代目の会長に就任しました。

 嶋田さんは、考える会の会長として、大葛小学校の後援会長も務めています。小学校では「どんぐり先生」の中の「田植え、稲刈り先生」として、子どもたちへ田植えや稲刈りを指導しています。

 できあがった美味しいお米は、小学生とどんぐり先生たちの交流会「ふれあい感謝集会」で、手作りのきりたんぽになり、みんなのお腹におさまります。

 その笑顔の輪の中に、嶋田さん夫妻の顔もありました。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報