本文へスキップ

語りを聞く

本家比内地鶏

画像:本家比内地鶏

- 本場の味をみなさんへ!-

 
きりたんぽ鍋、といえば濃厚な比内地鶏の出汁、そしてぷりっぷりのお肉ですが
その本場、比内にある大葛地域で比内地鶏の生産・加工を行っているのが、株式会社本家比内地鶏です。
日本三大地鶏のひとつ「比内地鶏」の精肉や加工品は、道の駅ひないでも販売され、目玉商品の一つとなっています。また、遠く首都圏にまで出荷され、都内百貨店でも販売されています。有名コミックでも紹介されるなど、まさに比内地鶏生産の老舗といえます。
 
(株)本家比内地鶏では、比内地鶏生産部会の方々が作った、安全、おいしい比内地鶏を加工・販売しています。生産にもこだわっており、独自のマニュアルによる管理のもと、秋田県の基準日数よりも長く飼育することによって、安定した品質を得ています。 また、加工所には直売所もあり、精肉やスープ他、加工品など、生産品をその場で買い求めることができます。
 
中でもおすすめは比内地鶏まるまる一羽が入った「比内地鶏1羽ケース モツ・ガラ付き」。モツはもちろん、鶏ガラもついていて、まさに一羽丸ごとです。ステーキにして肉のうまみをシンプルに味わうもよし、ガラからスープを取り、肉とモツを煮込んで、本格的なきりたんぽ鍋にするもよしの一品です。
 食べるラー油「比内地鶏らーゆ」も、最近売り上げを伸ばしています。特徴はなんといっても「みっしり」と詰まった比内地鶏のそぼろ、もちろん化学調味料無添加です。
 そして売り上げが伸びているもう一つが「比内地鶏スープ」。ていねいにガラから引き出した比内地鶏の旨みがぎゅっとつまったスープは、きりたんぽ鍋だけでなく、親子丼などさまざまな料理を絶品グルメに変えてしまいます。醤油味三倍濃縮と、水炊きなどにも使える味付けなしの二種類があります。レトルトパックで賞味期限が長いのでお土産にも最適です。
 
最後に、会社の駐車場に建つ慰霊碑を紹介したいと思います。
鶏の命への敬意を忘れない証「鶏魂碑(けいこんひ)」です。鶏の魂を慰めるために建立され、毎年関係者が集まり、盛大に慰霊祭を行います。また、(株)本家比内地鶏も参加する比内の一大イベント「比内とりの市」では、メーンイベントとして、会場に設けられた神殿で「比内鳥感謝祭」が行われます。
 
比内地鶏の里で、本場の味を手に入れてみませんか?
 
【お問い合わせ】株式会社本家比内地鶏
●秋田県大館市比内町大葛字芦内口道下69
●休業日 日曜日・第二・第四水曜日
●電話 0186-57-2002
●FAX 0186-57-2055
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報