本文へスキップ

語りを聞く

山田獅子踊りと石山金考さん

画像:山田獅子踊りと石山金考さん

  大館市の山田地域に伝わる「山田獅子踊り」は1602年、佐竹氏が水戸から秋田に移る際、家臣が長旅のお殿様をねぎらい踊った「獅子」の舞が伝えられたものといわれています。五穀豊穣、無病息災を祈り、お盆に奉納される山田に400年以上伝わる伝統芸能のひとつです。

 山田の獅子は狼や鹿のようなスリムな顔つきが特徴です。太陽、星、月の印をつけた獅子は、駆け引きをしながら雌獅子を取り合います(演目名は「雌獅子舞」)。
獅子踊りには笛、太鼓、棒術や奴(やっこ)踊りが随伴し、20~30人近くになります。地域の神社、お寺、広場などで奉納舞を献じます。その踊りの特徴は、何といっても勇荘活発な動きの激しさといえるでしょう。
 
 「踊ると息も絶え絶えになるんですよ。山田の人にとって獅子踊りは大人の仲間入りをする行事の一つでした」。そう語る石山金孝さんは、山田の伝統芸能に魅せられた一人です。山田出身の石山さんは、小中学校の事務職員を務めながら、絵を描き、郷土の姿を版画で表現してきました。「学校の先生の美術展に、ジンジョ様の絵を出したら、賞をとっちゃったんですよ。山田にいい「素材」がある証拠です」と話します。
 
獅子踊りをダイナミックに描いた石山さんの版画 
(石山さんの作品:山田獅子踊り)

 山田獅子踊りは、平成22(2010)年、東京の六本木ヒルズで行われた春まつりで披露されました。「山田で見る獅子とは全然違う」。山田出身の東京在住者も、久々に見る、ふるさとの激しい獅子の健在ぶりに感動していました。
 
 獅子踊りに、わら人形のジンジョ様、この他、神社の火災で衣装が消失しましたが、天狗の面をつけた年男が猿田彦の化身として、町内を練り歩く華やかな祭典も山田では行われていました。石山さんの力強いタッチで描かれた山田の風土。芸術家の感性を刺激する個性豊かな伝統芸能が、数多く伝えられています。
 
平成22(2010)年4月掲載

【関連リンク】産地直送ブログ
大館の獅子踊りリポート ~山田獅子踊り編~(2011年掲載)

ページ上部へ戻る