本文へスキップ

語りを聞く

南沢地域の活動

画像:南沢地域の活動

 上小阿仁村の北西部に位置する南沢地域は、国道285号と小阿仁川に沿って集落が形成されています。以前は集落内でビアパーティーを開催したり、伝統行事の「万灯火(まとび)」を若者たちで復活させるなど、様々な活動をしていましたが、住民の高齢化などから活動が中断し、地域内で住民が集まる機会も減っていました。

 南沢地域で転機となったのが、東成瀬村椿台地域との交流です。平成24(2012)年、能代市で行われた「あきた元気ムラ大交流会」で、椿台の方のスピーチに感銘を受けた南沢地域が、椿台との交流を希望し、集落間交流が行われるようになりました。

 手作りの料理を持参し、お互いの地域を行き来する交流は、平成24(2012)年~平成27(2015)年の間、計3回開催され、会場には人の輪がたくさんでき、再会を喜ぶ両地域の住民の姿が見られました。もてなしの料理を準備する作業を通じて、地域内の住民が交流するきっかけづくりになったようです。

 平成26年度からは、秋田県GB(じっちゃん ばっちゃん)ビジネスの集落ネットワークの一員として、千葉県のスーパーに「露地ミョウガ」や「クルミ」などを出荷しています。「無理なくできることを」をモットーに、現在、GBビジネスの出荷は、有志による「南沢振興会」によって行われています。

平成28(2016)年3月掲載
令和4(2022)年8月更新

【関連リンク】産地直送ブログ
平成29年度 生き生きシニア活動顕彰」にて表彰(2017年掲載)
第3回 南沢&椿台交流会(2015年1掲載)

ページ上部へ戻る