本文へスキップ

語りを聞く

山田地域づくり協議会の活動

画像:山田地域づくり協議会の活動

「イベントを通じてお年寄りたちの出番を増やし、山田の良さを知ってもらいたい」。大館市の山田地域づくり協議会の「元気なムラづくり」に向けたテーマのひとつです。

 山田地域づくり協議会の役員改選が行われた平成21(2009)年、世代交代した新役員のもとで、軽トラ市「山田“菜”発見市」が開催されました。平成20(2008)年に閉校した山田小学校のグラウンドに30台以上の軽トラックが集まり、荷台に手作りの特産品を載せて販売する住民の皆さん。迷路のような山田の地形を生かしたウォークラリーも実施しました。
 
 この「山田“菜”発見市」で登場したのが「ワラ名人」たちです。山田地域づくり協議会が掲げる「お年寄りの出番を増やす」取組の一つです。ワラ名人たちは、秋田県と六本木ヒルズで共催したイベントにワラ細工ポーチ100個を持参し、東京の子供たちと交流を深めてきました。
住民が地域で喜びを持って生活するには、年齢で判断するのではなく、気力体力ともに元気なお年寄りたちのパワーと、今の時代に合わせて考え方や行動を変化していく必要があると、山田地域づくり協議会では考えています。
 
 閉校した山田小学校の校舎では、生ハム製造の株式会社しらかみフーズが工場として操業を開始しました。少しずつ変化が訪れている山田地域。元気なムラづくりへのスタートは始まったばかりです。
平成22(2010)年4月掲載

ページ上部へ戻る