本文へスキップ

語りを聞く

根子自治会の活動

画像:根子自治会の活動

 根子自治会長の佐藤正俊さんは、1991年、根子マタギと根子番楽についての調査をまとめた冊子を発行しています。マタギと番楽は共に、先祖が残してくれた貴重なもの。途絶えようとしているマタギの習俗を記録して、番楽の失われた題目を掘り起こしたいという希望からです。

 根子の旅マタギは広く東北・北陸地方の集落に、根子番楽は秋田方面への山道沿いの集落に、それぞれ影響を与えてきました。「原型である根子のものとの違いを比べることで、新たに浮かび上がる部分があれば」と、次の研究課題にも意欲的です。
 
 草刈や、根子トンネルの清掃など、集落の“手入れ”は住民が参加して、定期的に行われています。車を使用しない人にとっても、トンネルは大切な生活道路です。
 近年、団体ごと・年代ごとに役割分担をして“地域づくり”に取り組もうとする意識が高まっています。そのきっかけは、2007年、旧阿仁町議だった山田博康さんが東北電力の支援事業「まちづくり元気塾」に応募したことでした。数度にわたって専門家のアドバイスを受け、地元の魅力を再認識する機会になりました。
 
 こうした活動が注目されて、2008年度「県農山村活力向上モデル事業」の対象地区に選定されることになります。訪れる観光客が通過する「根子トンネル」を抜けてすぐ、集落の入口付近の杉を伐採して、見晴らしの良い眺望でお迎えができるように修景作業を実施しました。また、目立っていた民家の青い屋根を焦げ茶色に塗り替えたことで、隠れ里は景観に溶け込み、より落ち着いた雰囲気に変わっています。
 
 同年、古民家を再生した宿泊・交流施設「二又荘」で、「阿仁の食フェスタ」が開かれました。主催したのは前述の山田さんです。地元の主婦が腕を振るった郷土料理を、広く外部に発信する場となりました。
 
                               2010年4月掲載

トンネル入り口からの景観を確保するためスギを伐採した  自治会が作った根子のマップ

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報