本文へスキップ

語りを聞く

越山十日会の活動

画像:越山十日会の活動

 
大館市越山地域の有志で作る越山十日会。
平成22(2010)年で19回目を迎えた「五色湖まつり」の運営に携わり、青森県大鰐町の皆さんを招いています。大鰐町とは青森との県境にある「石の塔登山」「万国ホラ吹き大会」とのつながりもあり、毎年6月は、越山十日会が大鰐町を訪れるなど、双方向の交流を深めています。
 
越山十日会では、五色の滝や石の塔登山道に案内板を設置し、長年にわたり自然保全活動に取り組んできました。平成21(2009)年度には、秋田県の元気なムラづくり“チャレンジ”事業の支援団体となり、住民が親しんできた福寿草の群生地を、外部の人にも楽しんでもらおうと、散策路を整備し案内板を設置しました。
 
平成21年(2009年)は、蛭沢集落の伝統行事「蛭沢獅子踊り」の保存継承のため、計11回の講習会を開きました。蛭沢集落だけでなく「越山地域」の伝統芸能として残そうと開いた講習会には、小学校2年生から中学校2年生まで7人が参加し、11月29日に旧越山小学校の体育館で発表会を開くことができました。
 
 越山の伝統芸能は現在残っているのは蛭沢獅子踊りのみとなっています。地域の「宝」を、地域全員で残していきたい。越山十日会の今後の活動が期待されます。
 
平成23(2011)年4月掲載

ページ上部へ戻る