本文へスキップ

風土を楽しむ

軽トラ市「山田“菜”発見市」

画像:軽トラ市「山田“菜”発見市」

 「集まってけれ~、みんな来てけれ~」
ハンド・スピーカーで呼びかけられて手が止まります。それぞれの持ち場で品並べをしていた大館市山田地域の住民のみなさんが顔を上げ、「いよいよ」という面持ちで歩き出しました。開会式が始まろうとしています。 

 平成21(2009)年10月25日、旧山田小学校において『山田“菜”発見市』が催されました。校庭には“山田の幸”を荷台に満載した軽トラックがおよそ30台も並び、即席の産直市場をなして来場者を待っています。天気は秋晴れ、スタッフが着用している“ハッピ”と風にはためく“ノボリ”の黄色が鮮やかでした。
 
 山田地域の代表(平成21年度)、浅利重博さんが檀上に立ち、大きな拍手に促されてあいさつを述べました。前進と結束を訴える力強い言葉に、聴く方も大きくうなずいています。
 参加者は期待と不安の中で励まし合い、開場のテープ・カットを見守ると位置に付きました。これが山田の新たなチャレンジの幕開けです!
 
 会場を見渡すと、丹精を込めた商品が次々と目に飛び込んできます。人気のゴーヤを自家栽培してオリジナルの漬物にした自信作あり、名産の「セリ」を威勢よくアピールする人ありと、今日に賭ける意気込みが伝わってきました。
 軽トラ市のほかにも、シートを広げてフリー・マーケットを出店するお母さんや、ビニール・プールで“金魚すくい”を商う子供たちもいて、なかなかの創意工夫がうかがえます。
 
 旧校舎内ではわら細工の体験教室・展示会も併せて行われ、ニュースを見るや駆けつけてきた見学客もいました。
 次々とスタートを切って飛び出すのは、「見たことありますか山田」と題されたウォーク・ラリーの出場者。マップを頼りに、迷路のように入り組んだ集落の各所でスタンプを集めます。道に迷った大人を地元の小学生が親切に案内する微笑ましい場面も見られました。
 
 これまでも地域おこしには意欲的だった山田地域ですが、住民一丸となっての大がかりなイベントは今回が初めて。無事に開催までこぎ着けられたのは、浅利会長が自慢する「山田気質」のなせるわざと言えるでしょう。
 後日に実施したアンケートでは住民のほとんどが次回の開催を希望しているとのこと。山田“菜”発見市は、山田地域を象徴する名物イベントになっていきそうです。
 
平成22(2010)年4月掲載

※山田”菜”発見市は、平成30(2018)年の10回目開催を区切りに、最終開催となりました。

【関連リンク】産地直送ブログ
今回がファイナル!10回目の山田”菜”発見市を開催!(2018年掲載)
2014年も「山田”菜”発見市」開催!(2014年掲載)
天候に恵まれた第五回「山田“菜”発見市」わら細工体験も!(2013年掲載)
軽トラ大集合!大館市山田の「第4回山田“菜”発見市」(2012年掲載)
チャレンジの集大成、3年目の山田“菜”発見市(2011年掲載)
2年目の山田“菜”発見市で見た、元気な山田地域!!(2010年掲載)

ページ上部へ戻る