本文へスキップ

風土を楽しむ

中野高齢者センター(中野温泉)

画像:中野高齢者センター(中野温泉)

 

中野地域の東の端、一見するとごく普通のどこにでもある公民館のようにも見える建物があります。看板には「大館市高齢者生産活動施設」。中に入ってみると、そこは集落の皆さんの活動と交流の拠点でした。
 
まず入って驚くのが、ガラスケースに飾られた数々の製品。菅笠や藁靴、わら細工の数々をはじめ、かごやかわいらしい人形や、御殿毬なども飾られています。集落のご高齢者が丁寧に作った作品が展示されています。
 
冬場になると彼岸花の造花づくりが最盛期を迎え、例年1月から2月にかけて9000本近くを出荷しています。
作業場では、ご高齢者を中心に、地域の方々が忙しそうに手を動かしながら、和気あいあいと作業をしている姿を見ることが出来ます。
 
中野高齢者センターは大きな研修室も備えており、高齢者だけでなくあらゆる世代の学習や活動のベースになっています。絵灯籠の絵描き講座や絵灯籠コンテストをはじめ、さまざまな事業が開催されています。
 
また、毎週金曜日に開かれる民謡クラブでは、大人に混じって子どもたちが自慢のノドを磨いています。
 
また、この施設には、本格的な天然温泉の入浴施設が備わっています!
元々、鉱山会社が探鉱のために中野のそばの山を調査した際に湧き出た源泉からお湯をパイプラインで引きこみ、温泉として利用しています。
 
お湯はふんわりと硫黄の香りがして、いかにも温泉! といった雰囲気の本格的なお湯。気になる入湯料は、わずか100円です。
近くにある大葛温泉町民浴場(100円)、さらには大葛温泉ベニヤマ荘(200円)とハシゴしても400円ですんでしまいます! 湯あたりに気を付けながら、温泉三昧も良さそうです
 
最後に、石鹸やタオルは持ち込みが基本です。お忘れなく!
 
【お問い合わせ】高齢者生産活動施設
●住所 大館市比内町中野字下籾内102-2
●定休日 毎週月曜日
●営業時間 (施設利用)9:00~21:00
 (入浴)14:00~21:00
●電話 0186-56-2462
 
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る