本文へスキップ

風土を楽しむ

根子番楽伝承館(旧根子小学校体育館)

画像:根子番楽伝承館(旧根子小学校体育館)

 北秋田市根子地域のうねる坂道を登り、奥まったところに「根子番楽伝承館」があります。

この建物はかつての「荒瀬小分教場」で、昭和32(1957)年、「根子小学校」として独立しました。かつての校庭跡には、県指定有形文化財「魚形文刻石」があります。縄文時代の遺物で、現在は風化が進んでいますが、表に6尾、裏に2尾の魚が彫られています。

平成10年(1998年)に「阿仁合小学校」に統合され、121年の歴史に幕を閉じた根子小学校の校舎は、現在、国の重要無形文化財に指定された「根子番楽」の会場として「根子番楽伝承館」となり、住民はもちろん、外から訪れる人々との交流の拠点となっています。

平成22(2010)年4月掲載


【根子番楽一般公開】
●日時:毎年8月14日午後7時30分から
●住所:秋田県北秋田市阿仁根子字館下段44
●ウェブサイト:北秋田市役所「根子番楽」(外部リンク)

 

ページ上部へ戻る