本文へスキップ

食を楽しむ

あげもの(かまぶく)

画像:あげもの(かまぶく)

  

 昔から、県北地方でお祝い事やお祭りなどで口取り菓子として食べられていた「かまぶく」のことを、大館市・山館(やまだて)地域では「あげもの」と呼んでいます。山館地域のお母さんによると、「あげもの」は一年に一回、冬の農閑期の時に作り、友達や親戚に「あげる」ということでした。誰かにあげるものなので「あげもの」と呼ばれるようになったのではないか、と地域の方は話します。
「あげもの」の基本になる材料は、うるち米の粉、砂糖、塩、裏ごししたジャガイモです。材料を全て混ぜたあと、ソバやうどんを作るように生地をまとめ、よくこねます。このとき、時間をかけてこねると、蒸した後にヒビが入らず綺麗に仕上がります。生地には、好みでクルミ、ゴマ、紫いもなど、自分で入れたい材料を入れます。出来上がった生地は専用の板の上に載せ、形を整えます。「あげもの」は特徴的な形をしていますが、「巻きす」で板に定着させるときに綺麗な形が出来上がります。形が整ったら、2時間ほど蒸して出来上がりです。
「料理を作る時は時間をかけると美味しくなる」と、「あげもの」のレシピを教えてくれたお母さんが話してくれました。昔から食べられている郷土の味は、お母さんたちの愛情が加わり、記憶に残るお袋の味へと繋がっています。
 
2015年3月31日掲載
 

ページ上部へ戻る