本文へスキップ

歴史を知る

八木沢マタギの歴史

画像:八木沢マタギの歴史

  北日本の代表的な狩猟文化である「マタギ」は、北秋田市の根子集落が発祥の地とされます。八木沢集落を開拓したのも、約200年以上前に根子集落から山を越えて住みついた3人のマタギと言われています。根子マタギから分かれた八木沢マタギの存在が、八木沢の歴史を形づくったと言えるでしょう。

 八木沢マタギの主な獲物は、バンドリ(ムササビ)熊、野ウサギ、テン、キツネ、タヌキ、ヤマドリ、アオシシ(ニホンカモシカ)、イタチ。鳥獣たちは山の神からの授かりものとされ、仕留めた肉は、集落の人々と平等に分けあったといいます。また獣の毛皮や熊胆(ゆうたん:熊の胆嚢)などは、当時たいへんな高値で取引され、マタギは一家の家計を支えていました。八木沢の人々はマタギに限らず、みな自給自足の生活を送っており、狩猟で得た獲物の他に、水田や畑をつくり生活を支えてきました。
 八木沢マタギは2009年、八木沢自治会長・佐藤良蔵さんが、銃を警察署に返納したことで消滅しました。しかし八木沢マタギの記憶は、八木沢や集落外に移り住んだ人々の中に今も生き続けています。
 
■参考文献
『上小阿仁村史・通史編』
『上小阿仁村百年誌』
2011年6月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報