本文へスキップ

歴史を知る

旧三枚小学校と講話会

画像:旧三枚小学校と講話会


   三枚小学校は、明治8年(1875年)に小沢小学校の三枚分校として開校しました。今の木造校舎が完成したのが明治22年(1889年)、当時は二階建ての校舎でした。昭和53年(1978年)に阿仁合小学校と統合し閉校しますが、その前の昭和50年(1975年)には、創立100周年記念式典が行われています。百周年にちなみ、「百年(ももとせ)を歩み続けた文化の灯 鉱山(やま)の運命と永久(とは)の彼方へ」という言葉が、今も三枚集会所となった小学校の校舎に残されています。

 
 三枚小学校は、上小様地域の「核」といえる場所でした。地域の人々は自分の子供が学校を卒業しても「全員」PTA活動に参加したといいます。婦人会も青年会も三枚小学校で活動し、小学校の先生はその中心になってまとめ役になりました。
 
 閉校後、三枚小学校は阿仁町公民館の三枚分館として、地域の公民館活動の中心地となります。毎年、内陸縦貫鉄道のお座敷列車を貸し切る「車内講話会」は上小様地域の恒例行事でした。三枚出身の民謡歌手や、三枚小学校で教鞭をとった人々を呼んで地域住民は旅行を楽しみました。
 
 平成22年(2010年)に公民館制度が廃止になったため、車内講話会は中断していますが、「講話会」は、今も地域のイベントに合わせて開催されています。平成23年(2011年)には、三枚小学校で教鞭をとった蒲義美さんや、戸嶋富雄さんらを招き、地域の歴史を学ぶ勉強会や懇親会を楽しんでいます。
2012年5月掲載
 
 ■参考文献
 『阿仁町史』

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報