本文へスキップ

歴史を知る

立花神眀社 立花三大祭り

画像:立花神眀社 立花三大祭り

-稲作と共に歩む一年- 

 立花地域の旧国道沿いに立花神眀社があります。立派な社殿は、明治時代にこの旧国道を天皇陛下がお通りになられるということで造り変えられたのではないかと言われています。社殿の中の額を見ると神「眀」社とあり、ちょっと不思議な感じがします。昔からこの額でこの名前だったそうで、古い中国の文献などから漢字を取ったのではないかと地元の方は話していました。また、社殿の隣には大きな「わらじ」が奉納されたもう一つの社がありますが、こちらには馬の木像が納められており、このわらじは、馬の物なんだそうです。昔は牛馬が貴重な農耕の友だったので、こうした木像が納められたといわれています。
 
 神眀社では、三つのお祭りが行われています。
 2月17日の「祈年祭」、5月1日の「春祭り」、そして収穫後に行われる「新嘗祭」。
これらを指して「立花三大祭り」と言います。
 
 伊勢神宮の祈年祭に合わせて行われる、2月17日の「祈年祭」。この日が立花の「正月」だと言います。その言葉の通り、各家庭に飾られている御幣は、この日新しいものが配られ、とりかえられます。
 かつてはこの日に各家庭の種もみが配られ、農作業の始まりの日だったのです。また、神事の後に厄年の人たちが「厄払い」を受けるのもこの日。他の地域では同窓会などで行うこともありますが、立花のみなさんはここで厄払いを受け、記念写真を神社に奉納します。社殿の中には、古くからの写真が飾られていて、白黒写真が伝統を感じさせます。
 
 そして5月1日の「春祭り」、豊作を祈願して田植え前に行われます。
 五穀豊穣を祈り、いよいよ農作業が本格的に始まります。
 
 最後に収穫が終わった後に行われることになっている「新嘗祭」。今年の収穫を感謝し、来年の豊作を願います。
 
 昔は田んぼがすべてだったと言います。田んぼのサイクルで動いていたその名残が、お祭りのサイクルとして今も立花に残っています。
 
2012年5月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報