本文へスキップ

歴史を知る

篤農家 浅利菊松翁

画像:篤農家 浅利菊松翁

 浅利菊松氏は“菊松翁”の名で知られる大館市山田地域生まれの篤農家です。78年間の記帳や64年間の気象観測などの功績が認められ、秋田県文化功労章の表彰を受けました。

 祖父・寅松氏から農業と天候の密接な関わりを教えられ、記録をつけ始めたのが満で10歳半の時、明治40年元旦のことです。続いて明治43年、毎日2時間をかけたという気象観測にも取りかかります。どちらも以来、一日も空けることなく続けられました。
 
 著書の内容は農業・気象についてのみならず、物価や社会情勢にまで及んでおり、貴重な近代資料となっています。『明治四十年以来同日集計』や『農業気象観測六十年達成記念』など、編集された冊子の題名も年月を感じさせるものです。
 このほか、大館米検査所からの依頼で稲の乾燥作業を指導するなど、地域の農業発展に尽力しました。
 
 働き盛りの頃、叔父から引き継いで米穀商を営みますが、失敗して多額の負債を抱え込んでしまいます。その苦闘の跡も、自らの記録が語るところです。
 菊松翁の記帳が止まったのは、昭和57(1982)年4月30日。逝去の2年4ヵ月前でした。
平成22(2010)年4月掲載
 
 
■参考文献
『田代町史』

ページ上部へ戻る