本文へスキップ

歴史を知る

山神社と祭典

画像:山神社と祭典

  八木沢地域の右岸側、ちょうど山菜とりの入山料を払う小屋がある辺りに、集落の神社「山神社」があります。かつて山頂にあった社殿は、建て替えの際に現在の場所へと移されたのだそうです。また、集落の家々にあった神社のご神体なども合祀されて、今では数体のご神体が神社の中にあります。

 神社のお祭りは毎年5月、社殿では男たちが厳かに神事に臨みます。
社殿の中には「釣鐘」が下がり、神事の始まりと終わりに打ち鳴らされ、集落に響き渡ります。
 神事が終わった後の直会は、神社に行かなかった人たちも集まり大賑わい。山菜料理や特製のお吸い物など、伝統の料理が並び、お酒も進みます。
 
 祭典は不幸事があると開かれません。つまり、祭典を開くことができる、ということは、集落が一年間平和だった、という証でもあるのです。
 「今年も開けて良かった」という自治会長さんの挨拶が印象的でした。
2012年4月掲載

ページ上部へ戻る

北秋田の関連情報