本文へスキップ

名物に触れる

太平山登山口

画像:太平山登山口

-村民登山の入り口-

 太平山といえば、秋田市からも良く見える、秋田県内では有名な山です。旭又コース、木曽石コース、太平山スキー場コースなど、登山ルートも多く、中にははるか昔から山岳信仰の参拝道として使われてきた険しいコースもあります。

 ここ、上小阿仁にも「萩形口」と呼ばれる登山口があり、萩形ダムの上流、萩形キャンプ場を越えてさらに進むと登山口があります。

 毎年恒例の村民登山の前には、山岳会の方々がルートの確認・整備を行い、当日は地元の小中学生も太平山を目指します。
秋田市からの登山口と違い、かなりの距離を歩くことになるルートのため、健脚者向きのルートとなっています。

なお、付近はヤマビルの生息地となっております。
登山の際は下記サイトを参考に、ヤマビル対策をしてお出かけください。

2011年6月掲載

ページ上部へ戻る