本文へスキップ

名物に触れる

春を告げる花々

画像:春を告げる花々

  根子に遅い春が訪れると、花々が咲き誇って春を告げます。3月頃から5月にかけてひととき咲き誇るカタクリやミズバショウは、スプリング・エフェメラル(春の儚い美)と呼ばれています。 

 根子集落内にはカタクリとミズバショウ、それぞれの群生地があります。カタクリは主に広葉樹の林で見られ、早春に小さな紫色の花を咲かせて春の訪れを知らせます。主に湿地帯に生育するミズバショウは晩春の頃に丸みを帯びた白い花を咲かせます。
  こうした早春の花々で彩られる季節に、のんびりと集落内を散策してみてはいかがでしょうか?

2010年4月日掲載
【産地直送ブログ】
「根子番楽まつり」(その2)郷土料理をレポート(2012年6月掲載)
 

ページ上部へ戻る