本文へスキップ

風土を楽しむ

松館天神焼研究室 陶阜廊(とうふろう)

画像:松館天神焼研究室 陶阜廊(とうふろう)


松館集落の中心部に、焼き物作りが楽しめる陶芸教室「陶阜廊(とうふろう)」があります。講師を務める桜田守宏さんは、松館の産土神「菅原道真」を祀る「菅原神社」の宮司も務め、松館集落の歴史を深く勉強してきました。平成4年9月から3年間、東京世田谷区の陶芸教室「銀耀会」で指導を受け、定年退職後に松館集落に戻り、自宅に電気窯を設置して作陶技術を研究してきました。平成11年6月に陶阜廊(とうふろう)を立ち上げ、集落の子どもたちや鹿角市の人々に陶芸作りの面白さを広めています。
 
 初めての方はもちろん、鹿角市に観光で訪れた方も気軽に陶芸が楽しめます。夏休みや冬休みの宿題に作品を作りたい子どもさんにもおススメです。桜田さんが自身で制作したホームページには、焼き物作りの工程が丁寧に解説されていますので、ホームページをご覧の上、「陶阜廊」に、ぜひ足を運んでみてください。
 
●作陶費用 1回1,500円(中学生以下1,000円)
 ※1 各種陶芸機器使用料・粘土代・焼成代など一切込みです。
 ※2 完成作品の宅配ご希望の方は、送料実費をご負担下さい。
●作陶時間 1日1回2時間程度
●開講日時 金・土・日・月曜日/午前9:30~11:30・午後1:30~3:30
 ※1 予定日であっても休講することがあります。
必ず予約のメールをして下さい(携帯可)。
 ※2 1回の作陶(受講)人員は、1名ないし数名程度。
 ※3 軽作業の出来る服装でお越し下さい。
 ※4 水で溶いた粘土を扱いますので、汚れても構わない衣服を着用して下さい。
 ※5 エプロン(前掛け)や古タオルなどもお持ちいただくことをお勧めします
(教室備付けのものもあります)。
 
【お問い合わせ】陶阜廊(とうふろう)代表 桜田守宏
 ●住所 秋田県鹿角市八幡平字松館54番地
 ●電話 0186-32-2527
 ●E-mail gln-sakura@msd.biglobe.ne.jp
2011年4月掲載

ページ上部へ戻る