本文へスキップ

歴史を知る

松館自治会

画像:松館自治会

  松館は1200年前に始まった尾去沢鉱山と深いつながりを持ってきた農村集落です。尾去沢鉱山が隆盛期には、地域の人々は農業を行いながら鉱山で働きました。農林業の共同体という意識が色濃く残る松館では、農家が一同に休めるよう「農休日」を1カ月に3回設けています。自治会では、農休日は農家の女性たちに自分の時間を持たせるためにも継続していくべきと考えており、農休日を兼ねた6月第一週の日曜日に行われる運動会は、松館天神グラウンドを会場に長年続いてきている松館の大事な行事です。

 自治会では、7つの班を設け、道路補修や刈り払いなど集落の環境維持を行っています。その他に、天神会(老人クラブ)、青年会、子供会、婦人会がそれぞれの活動を行っています。8月5日には、子供会が、木枠に絵柄を張り付けた灯篭を持ち、太鼓のあとに続いて集落を一周する七夕行事を行います。また「花踊り」と呼ぶ盆踊りを運営するのは青年会で、実用的な賞品もつき、集落外の人々でも飛び入りOKな伝統行事。集落の共同体意識が薄れつつある現代において、松館の行事からは、松館のまとまりの強さが伝わってきます。

 「まとまりがなければ何もできない」と自治会の人々は話します。まとまりの強さは、八幡平地域の地区対抗運動会でも発揮されます。八幡平地域の中でも、松館は決して人数が多いチームではありませんが、松館改善センターの事務所には優勝の賞状が山ほどあり、「足の速い人だけが参加するのではなく皆が参加するから勝てる」のが、松館の強さの秘訣だそうです。

 そんな自治会活動の中でも、4月24、25日に行われる菅原神社例大祭は、一番大きな松館の年中行事です。神社境内が人で埋め尽くされるほど賑わう例大祭は、今も松館の信仰の中心となっています。かつては、周辺の学校の子供たちが一斉に集まり、露店が立ち並ぶほどの賑わいをみせるなど、24日の前夜祭は、松館の人々にとって何よりも楽しみの一つでした。「皆で働いたあと、一杯やりながら会話を交わす」その楽しみを松館の人々は今も共有しています。周辺地域で行事が少なくなる中、松館では、住民一体となって地域行事を続ける活動を行っています。

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る