本文へスキップ

歴史を知る

村の鎮守「出羽神社」

画像:村の鎮守「出羽神社」

 白欠集会所から白欠生産組合センターへ続く一本道を進むと、左手に立派な白い鳥居が見えてきます。約60年前に白欠自治会で建てた鎮守・出羽神社で毎年4月19日に祭礼を行っています。出羽神社は小高い丘の上にあり地元の皆さんは子供時代、この場所で相撲を取って遊んだと言います。元旦は各世帯から1名が代表で出羽神社に集まり、神主を呼んで春祈祷を行います。昔ながらの囲炉裏を囲みながら、1年の始まりを住民でお祝いする風習が今も続いています。

【産地直送ブログ】
2017年(平成29年)お正月の春祈祷(2017年1月掲載)
寒い日もあったかい!鹿角市・白欠地域のお疲れ様会(2015年11月掲載)

 
2016年3月31日掲載

ページ上部へ戻る