本文へスキップ

歴史を知る

松館天神会

画像:松館天神会

 菅原神社、いわゆる「天神さま」の名前をとったのが天神会です。もともとは老人クラブの有志の方たちが、松館天神グラウンドの桜をなんとかしよう! と結成したのが始まりです。

 地域の皆さんが植えたグラウンドの桜は、てんぐ巣病に侵され、花を付けなくなっていました。樹木医さんに相談したところ、もう手の施しようのないほど病気は進行しており、泣く泣く切ることになってしまいました。

 こうなったのも、植えるだけ植えた後の管理がなっていなかったのだと、桜を植えたことを知る地域の老人クラブの有志が立ち上がりました。

 とはいえ、荒れている場所を直すのには様々な問題が山積でした。県の「景観モデル支援事業」などを利用し、グラウンドの整備を合わせて行っていきました。
そして平成22年(2010年)秋、念願の桜(ベニヤマザクラ)の植樹が行われました。東屋も整備され、グラウンドは再生の一歩を踏み出したのでした。また、グラウンドへ続く道には、天神様にあやかって「梅」も植樹されました。これから大きくなれば、梅の実を使って何かしようとも考えているそうです。

 天神会のこれからの課題は、この桜たちを守り育てていくことです。植えただけで枯らしてしまった前回の反省を生かし、これからも継続してこの景観を守っていくことが天神会の務めとなっています。

 そのためには、松館全体でこのグラウンドの管理、整備活動の核として、天神会はこれからも活動を続けていこうとしています。

●関連サイト
【外部リンク】松館天神会ホームページ

 

2011年4月掲載

ページ上部へ戻る