本文へスキップ

名物に触れる

鴇のブドウ園

画像:鴇のブドウ園

 

 9月上旬から10月いっぱい、小坂町を芳醇な香りで包むブドウ。小坂町の特産品として、ここ鴇集落でもたくさん栽培されています。

その多くは、生食用や、小坂町の食品ブランド「Heart land 小坂」のワイン・ジャム等の加工品へとなります。集落内で観光農園としても営業しているブドウ農家は3軒。

今回は、その中でも「工藤観光ぶどう園」の紹介です。

ぶどう作りを本格的に始めたのは4年前のことと語る工藤一雄さん。栽培している種類は、ワインに最適なワイングランドや、子供たちの大好きなジュースへとなるハニージュース等、全23種類。

「育つのには、時間を要するんだ。」という葡萄ですが、苦労の甲斐あって現在では一般の方も楽しめる観光ブドウ園へと成長しました。「工藤観光ぶどう園」では、バーベキュー用具等の持ち込みも可。

休日には、県内外から多くの方がブドウ狩りを楽しみやってきます。自身でもぎ取り、その場で食す「鴇の味」、いかがでしょうか?
 
 また、バーベキューはできませんが、下記の農園ではもぎ取り体験を行っております。

ブドウの収穫時期は品種や天候によって変わりますので、事前に各農園に確認の上お越しください。
 
【お問い合わせ】
●工藤観光ぶどう園  Tel.0186-29-5074
●宮舘勝衛ぶどう園  Tel.0186-29-5049
●成田久志ぶどう園  Tel.0186-29-5037
●宮舘文男ぶどう園  Tel.0186-29-5029
●十和田湖樹海農園  Tel.0186-29-3854
2011年3月掲載

ページ上部へ戻る