本文へスキップ

名物に触れる

鹿倉崎(かくらさき)グラウンド

画像:鹿倉崎(かくらさき)グラウンド

 甚兵エ川原(じんべえかわら)集落の北西、小坂川を越えた場所にあるのが「鹿倉崎(かくらさき)グラウンド」です。
トラックコースが入るほどの広さがあり、敷地内には300mに渡って桜の木が植えられ、毎年4月下旬になると甚兵エ川原集落の花見が行われます。
グラウンド前を流れる小坂川とのコントラストも美しく、地域自慢の桜の名所です。
昔はカラオケ大会や集落運動会の会場にも使用され、注連縄(しめなわ)づくりやレクリエーション、盆踊りなどを行っていました。
人々の賑わう場所として集落で親しまれているグラウンドです。

2012年5月掲載

ページ上部へ戻る